2014年10月31日

予約受付まであと3時間 & 古田清人最終回

田村装備開発です。


11月1日0時より、

オリジナルDVD 『田村装備開発2 逆恨み』の予約受付を開始致します。

100枚限定の特別版もありますので、宜しくお願い致します(^^)



1 逆恨み


・ 通常版 2,980円(税込)


・ 1.2 二枚セット 4,300円(税込) 【前作 第二支部の反乱 & 田村装備開発2 逆恨み】


・ 特別版 3,380円(税込) 【訓練DVDが付属します】




『逆恨み』PV



11月1日 午前0時より予約受付を開始致します(^^)

宜しくお願い致しますmm




2 古田清人最終回

振り返って

一般的には、(戦時中)日本軍はいつもロシアを潜在的な敵国として見ていました。

軍隊は満州で訓練し、ロシアとの関わりに注力していました。

海軍の場合、戦争中私たちの的はアメリカでした。

そのため飛行任務の間は常に敵であるアメリカをどう倒すかを考えていました。

海軍はアメリアの船と戦うために毎日厳しい訓練を行っており、それが我々のゴールでした。

ですが私個人的には、アメリカやアメリカ人に対する憎しみは持っていませんでした。

そうはいっても、一度日本軍の一員になれば、日本国民のために戦うことが我々の目的でした。

日本の兵士の中になぜ、敵の捕虜になるくらいなら自殺を選ぶことを誓う人々がいるかについて、

各人が最も望んでいること:死ぬか、生きるか のもとに個人の運命に覚悟を持っているからだと思います。

敵の捕虜になることが恥だと思っている人は自殺を選びます。

武士道(日本の武士の規律と精神)の古い倫理感を継承している人は同様に自殺を選ぶでしょう。

そして生き残りたいと願っている人は捕虜になることを選ぶでしょう。

真珠湾のことについて私が今どう感じているか?

戦争中、兵士は命令に従う以外に選択肢はなく、上官のいかなる指示にも絶対に従うことを教えられてきました。

私も与えられた任務を遂行しなければならず、他の選択肢はありません。

すべては64年前の出来事で、いまの自由思想の時代においては信じられないことです。

しかしながら、真珠湾攻撃は64年前に実際に行われたことであり、歴史の一章として記録されていることが疑いのない事実です。

日本は明治時代から日露戦争、日中戦争、第二次世界大戦など多くの戦争を経験しており、

今日の平和は非常に喜ばしいことだと思っています。

60年前に戦争で戦って以来、今の平和の時代が大変すばらしいものだと感じます。


大伯父の経験談、今回で終了となります。

お読み下さった皆様、有難うございました。




田村装備開発(株)
埼玉県東松山市大谷4453

www.tamurasoubi.co.jp
www.tamurasoubi-training.com
0493-36-1255








同じカテゴリー(オリジナル製品)の記事画像
人気製品 新カラー入荷
新入荷製品 & 特別講師訓練 & Amazon
TTGD-SHIELD
自衛官向け製品 再入荷しました
英国からの荷物
間も無く予約受付開始です^ ^
同じカテゴリー(オリジナル製品)の記事
 人気製品 新カラー入荷 (2018-04-17 17:37)
 新入荷製品 & 特別講師訓練 & Amazon (2018-04-14 12:32)
 TTGD-SHIELD (2018-04-10 17:23)
 自衛官向け製品 再入荷しました (2018-02-17 16:51)
 英国からの荷物 (2018-02-16 16:25)
 間も無く予約受付開始です^ ^ (2018-02-09 17:43)

Posted by 田村 忠嗣  at 20:51 │Comments(0)オリジナル製品ブログ

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。