2018年06月23日

全国出張訓練決定いたしました



田村装備開発です。


全国出張訓練

の開催地・内容・価格等の詳細が確定致しました( ^ ^ )/
※ 大阪はSSJに合わせるため調整中です





本日18時より受付を開始させて頂きます。



遠方の方で埼玉のTTCにお越しされるのが難しい方、是非ご参加ご検討ください。

お申込は こちら から(本日18時にカートがUPされます)


開催地、訓練内容等は下記の通りです。


■訓練内容
※さまざまなフィールドで訓練を行う関係上、同一の訓練を開催することは難しいためフィールドに合った訓練を行います。また、受講される方の練度に応じて内容を変更する場合がございます。予めご了承ください。

・CQB・CQC
戦術座学・質疑応答・ガンハンドリング・エントリー・クリアリング・個人戦技・連携戦技・近接格闘・アンノウン対処・制圧 その他

・RBT
戦技練磨・質疑応答・個人戦技~応用戦技・戦術座学・想定訓練・AAR

・ロウライト (犯罪・事故防止 及び 守秘に関わる同意書にサインを頂きます)
フラッシュライト、ナイトビジョン、サーマルビジョンの基礎知識・体験
フラッシュライトの選定方法・検索・個人~連携戦技・暗所制圧 その他


■参加証明書
ご参加頂きました方へ、訓練参加証明書を発行致します。(後日発送します)


■開催場所・日時・料金
※ 料金の内訳は、『訓練料金とフィールド代金の合計』です。
開催地によって料金は異なります。

○福岡 8月19日(日)
「TACTICS FIELD」 
福岡県福岡市東区多の津4丁目5-12 LIZビル3F 

・CQB・CQC 10:30~16:00 料金13,000円
・ロウライト 18:00~22:00 料金28,000円
・両訓練参加 料金36,000円(割引価格)


〇北海道 9月29日(土)
「有明ベース」(09:00~17:00) 
北海道札幌市清田区有明

「インドアフィールドUPPER'S」(18:00~22:00)
北海道札幌市南区定山渓温泉西1丁目

・RBT 09:00~16:00 料金10,000円
・ロウライト 18:00~22:00 料金27,000円
・両訓練参加 料金35,000円(割引価格)


〇広島 10月13日(土)
「インドアフィールドArum」
 広島県広島市安佐北区小河原町204-7 1F

・CQB・CQC 10:30~16:00 料金13,000円
・ロウライト 18:00~22:00 料金28,000円
・両訓練参加 料金37,000円 (割引価格)


〇茨城 10月27日(土)
「airsoft game park Libra」
茨城県龍ケ崎市馴馬町754

・CQB・CQC 09:00~16:00 料金13,500円
・ロウライト 18:00~22:00 料金26,500円
・両訓練参加 料金37,000円(割引価格)

〇香川 11月17日(土)
「ラグナロク サバイバルゲームフィールド」
香川県仲多度郡まんのう町佐文字北山1360番地6

・CQB・CQC 10:00~16:30 料金13,000円
・ロウライト 18:00~22:00 料金28,000円
・両訓練参加 料金35,000円(割引価格)


〇大阪(計画中) 12月


〇愛知 1月19日(土)
「豊橋インドアサバゲーフィールド ハッスル」
愛知県豊橋市大村町大溝20

・CQB・CQC 09:00~16:30 料金13,000円
・ロウライト 18:00~22:00 料金28,000円
・両訓練参加 料金37,000円(割引価格)


〇京都 2月23日(土)
「Apex Field」
京都府亀岡市⼤井町⼩⾦岐4-1 エイペックステックセンター2階

・CQB・CQC 09:00~16:30 料金13,000円
・ロウライト 18:00~22:00 料金28,000円
・両訓練参加 料金37,000円(割引価格)


〇大分 3月23日(土)
「TREMORS」
大分県 大分市三川新町2丁目1番3号
・CQB・CQC 09:00~16:30 料金11,000円
・ロウライト 18:00~22:00 料金26,000円
・両訓練参加 料金34,000円(割引価格)


〇石川 4月13日(土)
「Black Boar」(09:00~16:30)
石川県金沢市山川町申1
「指定場所」(18:00~22:00)
 ※別途ご指示いたします。

・RBT 09:00~16:30 料金11,000円
・ロウライト 18:00~22:00 料金27,000円
・両訓練参加 料金36,000円(割引価格)


〇茨城 5月18日(土)
「airsoft game park Libra」
茨城県龍ケ崎市馴馬町754

・CQB・CQC 09:00~16:00 料金13,500円
・ロウライト 18:00~22:00 料金26,500円
・両訓練参加 料金37,000円(割引価格)


〇大阪(計画中) 5月


〇宮城 6月22日(土)
「HEAVENS FROTIER」
宮城県名取市飯野坂土城堀82-1

・CQB・CQC 09:00~16:00 料金12,000円
・ロウライト 18:00~22:00 料金27,300円
・両訓練参加 料金36,300円(割引価格)


〇愛知7月20日(土)
「AREA32」
愛知県豊川市一宮町栄 一宮町栄153

・CQB・CQC 09:00~16:00 料金13,000円
・ロウライト 17:00~22:00 料金28,000円
・両訓練参加 料金37,000円(割引価格)


訓練のお申込は こちら から(18時にカートがUPされます)


以上、宜しくお願い致します。


田村装備開発 訓練PV



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 11:38Comments(0)ブログその他トレーニング

2018年06月16日

戦ってきます

田村装備開発です。

本日は、独り言です( ´ ▽ ` )ノ


少し先の話ですが、あるお仕事を受けまして、

田村 & 長田

で、100人以上と戦う事になりました(笑)


内容は一切お話できないのですが、お仕事が終わり、

「 言っても良いよ! 」

ってなりましたらご報告します( ^ ^ )/


もう若くないので、これから数ヶ月間体調を整え、

少しでも現役の頃の身体に戻さないとキツそうです。

自社アーマーも付けないとですね・・・


さっそく腕立て伏せを始める長田部長



五体満足で帰れるよう、努力します^ ^

以上です!



田村装備開発 訓練PV




■ 出張訓練予定表

■ 福岡県
8月19日 決定
「TACTICS FIELD」 
福岡県福岡市東区多の津4丁目5−12 LIZビル3F 

■北海道
9月29日 決定 
日中「有明ベース」 
北海道札幌市清田区有明

夜間「UPPER'S」 
北海道札幌市南区定山渓温泉西1丁目1

■広島県
10月13日 決定
「インドアフィールド Arum」 
広島県広島市安佐北区小河原町204−7
    
■茨城県
10月27日 決定
「Airsoft game park libra」 
茨城県龍ヶ崎市馴馬町754 

■香川県
11月17日 決定
「ラグナロク サバイバルゲームフィールド」 
香川県善通寺市生野町2884ー6

■大阪府
12月1日  
(調整中)SSJに合わせて行う予定です。

■愛知県
1月19日 決定
「インドアサバゲーフィールド ハッスル」
愛知県豊橋市大村町大溝20

■京都府
2月23日 決定
「Apex Field」 
京都府亀岡市大井町小金江岐4−1 エイペックステックセンター2階

・3月23日  名古屋 → (九州に調整中)

・4月13日  富士(調整中)

・5月18日  茨城(調整中)

■宮城県
6月22日 決定
「HEAVENS FRONTIER」
宮城県名取市飯野坂土城堀82−1


・7月20日  新潟(調整中)


訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453
  


Posted by 田村 忠嗣  at 21:13Comments(0)ブログ

2018年06月15日

護身術 実践

田村装備開発です。


数日間、連載をさせて頂きました無差別殺傷事案の対処策ですが、

前回までは、心構え・奇襲・守るべき部位などを説明致しました。

















これらは、

戦闘技術を使うまでの前準備

として非常に重要なポイントでしたので、丁寧に書かせて頂きました。



今回は、

・素手による護身術

・日用品を使用した護身術


これらについて、ご説明致します。



前回のブログでも書きましたが、刃物相手に戦う上で重要なポイントは、

致命傷となる部位

を守ることです。



次に、

戦うと決めたならば、立ち上がり、

恐れず前に出る

ことです。



「時の利」というものがあります。

その意味合いの一つは、攻撃のタイミングを支配している状況をいいます。


その場に立ち止まったり、後方に後ずさりした場合、

敵は自分のタイミングで攻撃を仕掛けることができます。



しかし、こちらから前に出ることにより、

こちらのタイミングで敵の攻撃を誘発することができます。



止まっていると敵は好きなタイミングで攻撃をしかけてきます






さがっても敵の勢いは止まらずやられます





前に出ることで活路が見出せる






従いまして、


1 自分から前に出る

2 敵の攻撃を誘発する 

3 致命所となる部位を守りつつ、自分に優位な立ち位置をとる

4 技術を使う


こういった流れに持ち込みます。



単純な流れに感じられる方もいらっしゃると思いますが、

大切な理合が含まれていますので覚えておいて下さい。



※注意※
下記内容を使用するには訓練が必要です。
訓練をする際は、技能を有する方と行ってください。
技術の訓練、及び使用に伴う如何なる事故も弊社は責任をおいません。


※下記の技術体系※
未経験者〜初級者を対象としたものです。
命を最優先したものであり、怪我はするものとお考えください。




では、今まで説明したことを前提に技術解説を行います。


■ 素手

1 敵の間合いに踏み込む



2 前腕を盾にして敵の攻撃を防ぎ、刃物を持っているほうの側面に入る



3 左手を相手の鼻下、右手で相手の髪の毛を掴み、下方に倒し地面に叩きつける
   (※敵が左手にナイフを構えている場合です。)
   (※敵に髪の毛が無い場合、右手は敵の背中に添える)



4 素早く武器を取り上げる



※ 一連の流れに淀みがあったり、間合いが離れていると刃物で反撃されます





日用品を使用する場合 1

私の近所は街灯が少ないため、

ライト(懐中電灯)を常に携帯しています。


友人の自衛官から聞いた話ですが、大規模災害により光が無くなった場合、

特に必要とされていた道具の一つがライトです。

備えとして、1本用意しておくと良いかと思います。


ただし、攻撃性が高いライト(例えば、ヘッド部分が鋭利に尖っている等)も存在し、

その様なライトを携帯すると法に触れる場合がありますのでご注意下さい。

(本来の目的は攻撃用では無いのですが、いつからか意味合いが変わっております)


では、ライトを使用した護身術の一例です。


1 フラッシュライトを取り出す



2 敵の目に照射する




3 急所を攻撃する




フラッシュライトを使用した目潰しは、暗所で最大の効果を発揮しますが、

良いライトを使用すれば、明所でも十分な効果を得られます。

中心光と周辺光のバランスが良い、専用のライトをご使用下さい。

その上で、ルーメン値ばかりに目を向けず、自分の目で確かめることが肝要です。

決してカタログスペックで選ばないことも大切なポイントです。


なお、敵が興奮状態であり、瞳孔が散大していれば効き目がさらに上がります。



日用品を使用する場合2

1 革ベルト(厚手)を引き抜く



2 革ベルトを肩に乗せて構える



3 素早く振りおろす



ポイントは、

・よくなめしてある厚手の革ベルトを使用すること

・ベルトを外してもズボンが落ちないサイズにしておくこと

・ベルトの先端から5〜10㎝の部分を当てること

・余計なテクニックは使わず、肩から最速最短距離で振り下ろすこと


練習が必要ですが、鞭の様に使用できます。

※ スピードが無かったり、ベルトの根元が当たった場合、威力がのりません。



日用品を使用する場合3

1 ペットボトルの内容物を「半分以下〜三分の一」程度まで減らす



2 敵の顔に財布などを投げつけてスキをつくる



3 相手の側頭部や、ナイフを把持している手の甲などを強く叩く




満杯のペットボトルでは殆ど効果がありません。

また、振る速度が遅くても威力がのりません。

素早く振り下ろしてください。




日用品を使用する場合 4

1 カバンを用意する



2 カバンを盾にしながら相手に強く押しつける




3 急所を蹴り上げる




以上、いくつかを例に説明致しました。



日本では比較的少ないとされる凶悪犯罪ですが、

近年の国際情勢・その他により、否が応でも危機に直面する可能性が増えてるように感じます。

ご参考頂けましたら幸いです。



ブログでのご説明は以上となりますが、

ベースボール・マガジン社のご依頼で弊社が監修した「危機管理トレーニング」という本が2冊あり、

テロ対策・護身術がメインの内容です。



Amazon等でご購入いただけますので、ご興味のある方はご覧ください。



田村装備開発 訓練PV




■ 出張訓練予定表

■ 福岡県
8月19日 決定
「TACTICS FIELD」 
福岡県福岡市東区多の津4丁目5−12 LIZビル3F 

■北海道
9月29日 決定 
日中「有明ベース」 
北海道札幌市清田区有明

夜間「UPPER'S」 
北海道札幌市南区定山渓温泉西1丁目1

■広島県
10月13日 決定
「インドアフィールド Arum」 
広島県広島市安佐北区小河原町204−7
    
■茨城県
10月27日 決定
「Airsoft game park libra」 
茨城県龍ヶ崎市馴馬町754 

■香川県
11月17日 決定
「ラグナロク サバイバルゲームフィールド」 
香川県善通寺市生野町2884ー6

■大阪府
12月1日  
(調整中)SSJに合わせて行う予定です。

■愛知県
1月19日 決定
「インドアサバゲーフィールド ハッスル」
愛知県豊橋市大村町大溝20

■京都府
2月23日 決定
「Apex Field」 
京都府亀岡市大井町小金江岐4−1 エイペックステックセンター2階

・3月23日  名古屋 → (九州に調整中)

・4月13日  富士(調整中)

・5月18日  茨城(調整中)

■宮城県
6月22日 決定
「HEAVENS FRONTIER」
宮城県名取市飯野坂土城堀82−1


・7月20日  新潟(調整中)


訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 17:07Comments(0)ブログトレーニング

2018年06月14日

自衛隊説明会・無差別殺傷事件 制圧 他

田村装備開発です。


本日は、下記3点ご連絡致します。

・自衛隊説明会 受付を開始させて頂きます

・無差別殺傷事案 制圧1

・全国出張訓練 更新

 
宜しくお願い致します。



1 自衛隊説明会 受付を開始させて頂きます。




先月末にご連絡をさせて頂きました、

自衛隊 採用説明会

につきまして、日程が確定致しました。


本日19時よりお申し込みの受付を開始させて頂きます。


お申し込みは こちら から (本日19時に受付カートが設置されます)



■ 自衛隊採用 説明会

開催日  : 8月4日(土曜日) 10時〜12時


集合時間 : 8月4日(土曜日) 9時30分〜10時


説明   : 防衛省 埼玉地方協力本部


会場   : 埼玉県東松山市大谷4453 田村装備開発 株式会社 本社 TEL0493-36-1255


•説明会の参加対象者
※ 志望となっておりますが、ご興味さえあればご参加頂けます。

・自衛官 志望
 18歳以上〜27歳未満

・予備自衛官補 志望
 18歳以上〜34歳未満

・予備自衛官、即応予備自衛官 志望
 元自衛官 及び自衛官を退職予定の方



本日19時より、弊社HPにて受付を開始させて頂きます。


ご本人様だけでなく、是非ご家族の方も御同伴頂けましたら幸いです。


お茶をご用意しますので、リラックスしてお聞きし、

説明内容にご不明な点がありましたら、お気軽に担当官にご質問ください。



なお、定員に達した場合、受付を終了させて頂きますのでご容赦ください。




お申し込みは こちら から (本日19時に受付カートが設置されます)

※ 製品販売用HPでの受付ですので、システム上送料等が加算されますが、一切費用はかかりません




なお、説明会にご参加される皆様を応援させて頂く目的で、

ご希望の方には、田村装備開発が無料講習を行います。

講師は、弊社

長田 賢治(元陸上自衛隊 特殊作戦群 第1期生)

が担当します。

体力等は必要必要ありません。お気軽にご参加ください。

※ 講習は説明会に参加される方のみご参加頂けます。


本説明会の詳細は↓をご覧ください















2 無差別殺傷事案 制圧1

一昨日から書いております、

無差別殺傷事件

の危機管理対策につきまして、非常に多くの方から続きのご要望を頂きました。


万一の備えとしてご活用頂きたく思いましたので、第3回目は制圧について説明致します。

※ 長文になりますので、数回に分けます。


第一回、第二回は↓をご覧ください。












※下記につきましては、あくまでも弊社の考えですので、他の方のご意見を批判するものではございません。良いと思えば採用し、悪いと思えばお忘れください。


前回は、

犯人の攻撃対象が他人であった場合

を例に書きました。


そのような場合、

前回のブログでご説明しました通り、奇襲をかけることは比較的簡単であり、合理的です。




今回は、

犯人の攻撃対象が自分であった場合はどうするか

についてご説明致します。



まず初めに、少々脱線しますが、昨日私のFacebook上で、

過剰防衛

についてご質問がありました。


細かく書くと長文になってしまいますので、簡単にポイントを説明致します。


まず正当防衛の要件である、

・ 急迫性
  権利(生命・身体・財産など)侵害が切迫している

・ 不正の侵害
  相手に違法性のある権利侵害

・ 防衛の意思
  不当な侵害に対する防衛の意思(積極的な加害は防衛の意思を否定されます)

・ 防衛行為の必要性
  その行為の必要性(逃走できる余地があるのに攻撃したりすると否定されます)

・ 防衛行為の相当性
  侵害を回避するための行為が、防衛する上での必要最小限であるか

が満たされていることが大切です。


上記にある、防衛行為の相当性と過剰防衛は密接に関係しています。


なお、権利侵害である、

生命・身体・財産 など

の大きさはイコールでは無く、

生命 〉 身体 〉 財産

とされています。

この点をおさえておいて下さい。


例えば、

中学生位の不良少年にカツアゲをされたとします。

不良少年は素手で、殺意は抱いていない感じです。

逃げようと思えば逃げられるし、軽く叱ってその場を去ることもできます。

しかし、イラっとしたので首を折りました。

上記の要件を当てはめてみてください。

誰が見ても過剰防衛になります。



では次に、

殺意をもって金属バットを振り回している男がいます。

急迫不正の侵害であり、

袋小路のため逃げることもできません。

防衛の意思をもって、近くに落ちていた大きな石を手にとり、

相手の頭を砕き死亡させました。


この場合、どうなるでしょう?



一見、正当防衛になりそうですが、過剰防衛にもなり得ます。


どういうことかと云うと、


相手は誰ですか?


が重要です。



殺意をもった男が、

・ 体格の小さい、小学1年生くらいの子供

・ 筋骨隆々の成人、プロレスラーみたいな男


では、その脅威が全く違います。


いくら殺意を持っていたとしても、

小学1年生くらいの子ならバットを取り上げて叱ってあげるべきですね。


しかし、


相手が筋骨隆々のプロレスラーみたいな男が相手では、

手加減する余裕はありません。

自分の命を守るために必死に行った行為であれば、

たとえその結果が「相手の死亡」でも正当防衛が認められることでしょう。


ただし、その判断は、様々な状況を踏まえた上で当局が行います。

あくまでも参考までにして下さい。



では、本題に戻ります。


犯人の攻撃対象が自分であった場合、奇襲をしかけるのは困難です。

しかし、不可能というわけではありません。


例えば、


犯人が「一足一刀の間合い(一歩踏み込めば攻撃が当たる間合い)」の場合は使えませんが、

相手との距離に余裕がある場合は、犯人の後方に手を振りながら、


「おまわりさん 助けて!!」


と叫んでみるのも一つの手です。

犯人が振り返った瞬間に「逃走する」か逃走できない状況なら「攻撃する」これも相手の不意をつけます。



では、


「逃げれない」・「不意もつけない」


場合はどうするか、


正面から戦う


しかありません


逃げられない状況で、相手に背を向けるのは危険です。


しっかり立ち、戦わなければなりません。



※ 下記は、戦闘訓練の未経験者を対象に書きます。


刃物対処における重要なポイントは、

致命傷となる部位を守り、他の箇所は捨てる

ことです。



多くの方は、刃物で攻撃をされた場合、

どこも切られないこと

を目的として行動します。


それにより、

もっとも守るべき部位にスキができ、致命傷となる部位に攻撃を受けます。




攻撃されてはならない部位は、

・正中線

・目・耳・口・顎への突き刺し等による脳幹の負傷

・首

・僧帽筋と鎖骨と首を結ぶ三角形

・左右鎖骨中線から肋骨の下部を結ぶ四角

・体の内側(脇の下・色を付け忘れましたが鼠蹊部 等)

これらを負傷すると、即死(脳幹)または生存率が著しく低下します。

上記は必ず守ってください。


手を切られるのが嫌でバランスを崩してしまっては元も子もありません。

切られても即座に死に至らない部位で防御し、致命傷となる部位を必ず守ること

そこが大切です。


刃物相手に華麗に敵の攻撃を捌き、無傷で戦いを終えることなど、未経験者にはほぼ不可能です。


死なないことを目的として、他を捨てることが大事です。
(もちろん、腕に自信のある方は、あえて負傷する必要はありません。綺麗に捌き制圧してください。)


防御に使う部位は、

前腕の外側

です。



斬られて痛みを感じても、そこは我慢です。

すぐに死ぬことはありません。

さっさと犯人を制圧して、止血すれば良いのです。
 (血をサラサラにする薬を飲んでいる方は出血が止まりにくいのでご注意ください)



長文にお付き合いくださり有難うございました、

好評でしたら次回に続きます。




3 全国出張訓練 情報更新

8月から予定している全国出張訓練につきまして、情報更新いたします。


■ 訓練内容
 当初、全箇所で同じ訓練を開催する予定でしたが、ご要望により各所異なる訓練を行う予定です。

 近接戦・市街地戦・野戦・ロウライトテクニック・護身術・戦術座学 等 


■ 開催日・場所

※ 「決定」以外は予定ですので変更の可能性がございます。


■ 福岡県
8月19日 決定
「TACTICS FIELD」 
福岡県福岡市東区多の津4丁目5−12 LIZビル3F 

■北海道
9月29日 決定 
日中「有明ベース」 
北海道札幌市清田区有明

夜間「UPPER'S」 
北海道札幌市南区定山渓温泉西1丁目1

■広島県
10月13日 決定
「インドアフィールド Arum」 
広島県広島市安佐北区小河原町204−7
    
■茨城県
10月27日 決定
「Airsoft game park libra」 
茨城県龍ヶ崎市馴馬町754 

■香川県
11月17日 決定
「ラグナロク サバイバルゲームフィールド」 
香川県善通寺市生野町2884ー6

■大阪府
12月1日  
(調整中)SSJに合わせて行う予定です。

■愛知県
1月19日 決定
「インドアサバゲーフィールド ハッスル」
愛知県豊橋市大村町大溝20

■京都府
2月23日 決定
「Apex Field」 
京都府亀岡市大井町小金江岐4−1 エイペックステックセンター2階

・3月23日  名古屋 → (九州に調整中)

・4月13日  富士(調整中)

・5月18日  茨城(調整中)

・6月22日  仙台(調整中)

・7月20日  新潟(調整中)


※ 全ての開催地が決まりましたら、受付を開始させて頂く予定です。
  1月以降はまだ調整中ですので、開催地をご存知でしたらご紹介ください。



以上、よろしくお願い致します。



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453


  


Posted by 田村 忠嗣  at 17:54Comments(2)ブログその他トレーニング

2018年06月13日

無差別殺傷事件 対策

田村装備開発です。


本日は久々の晴天で、

TTCも多くの方々がご利用下さいました。

ありがとうございましたmm


今回は、2点ご連絡致します。




1 無差別殺傷事件 対策


昨日書きましたブログの反響が大きく、続きを希望されるお声が多数ありました。

少しずつですが、日本でも危機管理への関心が強まっているのかもしれません。



東海道新幹線内での無差別殺傷事件、

被害者の梅田耕太郎様につきましては、大変勇気ある行動をされました。

梅田様の行動により、数多くの命が救われたことと思います。

心よりご冥福をお祈り致します。



この様な事案があった際、どの様に行動すれば被害を最小限にできるのか、

私共の経験をもとに幾つかポイントを説明いたします。



戦闘に関わる訓練経験の無い方を対象に記載します。

ご参考頂けましたら幸いです。



前回同様、下記はあくまでも弊社の考えですので、他の方の考えを批判するものではございません。
良いと思えば採用し、悪いと思えば忘れて下さい。



昨日のブログ内容と重複しますが、

警戒を怠らないことにより、

不意に攻撃をされることは少なくなります。



これは不意打ちを避けるポイントであると同時に、広義にマインドセットの一つでもあります。

気が緩んでいる状態から、戦闘態勢に移るには時間(人により異なりますが、コンマ数秒〜数秒)を要します。

コンマ数秒〜数秒と云うと、スキは少ないと感じられるかもしれませんが、

生き死にの現場では、コンマ数秒の差が生死を分けます。


くどい様ですが、このポイントを抑えなければ、その後の技術を使う間も無くやられてしまうのです。

大切な理論ですので是非おさえておいて下さい。



では、上記を前提とし、

「逃走できない」または「誰かを助けなければならない」場合、

敵と戦わなければなりません。


戦うと決意した場合、オススメできないことは、

正々堂々と戦う

ことです。


命をかけた戦いはスポーツではありません。

「私は正々堂々戦いました、けど負けました」

では済みません。


負け = 死につながります


正義の味方になる必要はありません。卑怯でもよいのです。


スポーツで云えば卑怯な行為でも、実戦では戦術的に優れた行為になります。

「必ず勝つこと」(自分の身を守る・他人を助ける・敵を制圧する これらが含まれます)

その目的を達成する上で、最も合理的な行動を選択しなければなりません。



具体的に、相手よりも優位な状況を作るには、

・敵の不意をつく

・地理的優位にたつ

・武力の優位性(身の回りの物を有効活用するなど)


これらが大切です。


例えば、敵の不意をつくにはどうするか?


不意とは、「おもいがけないこと・突然 等」です。

つまり敵が自分に「気が付いていない場合」は不意になります。



では、気とはなにか。

と聞かれても、殆どの人はピンとこないと思います。


しかし、日本は古来より気の文化といわれており、

「気が付く」

「気持ちが悪い」

「気が散る」

「気がある」

「意気消沈」

と云ったように、気という文字を日頃から使っています。


この「気」ですが、現在でも戦いの分野では重要視されています。

「気が付く」=「気が何かに付いている状況」

相手が何か一点に集中している状況を利用したり、

無理やり作り出したりすることは、プロの間では常識とされる戦術・戦技です。


では、初心者の方でも実用可能な具体例を説明します。


犯罪を犯す者(特に人を殺傷する様な状況)は、その多くが交感神経優位であり、興奮状態にあります。
 (※絶対ではありません。戦闘職種の多くは冷静です。その他、落ち着いて犯行に及ぶ者もいます)


その場合、視野は狭く一点に集中しやすい状態(トンネルビジョン)になります。

完全に気が一点に集中しており、周りが殆ど見えていない状況です。


パッと見て、

敵がかなり興奮している状態

であれば多くの場合は当てはまります。


敵が上記の状態であった場合、

不意をつくのはそれほど難しくはありません。


では、「正々堂々と戦った場合」と「不意をつく場合」について、例を基にご説明します。


A=犯人 : B=被害者 : C=救助者




例1:正々堂々戦った場合


Aが犯人に襲われそうな状況



BがAを助ける為、犯人に制止(やめろ・ナイフを捨てろ 等)を呼びかける



犯人がBに気づく



犯人がBを刺す




その後、犯人がAを刺す




本例の場合、

Bは、声を出して制止しようとしたため、犯人に気付かれ、正面から戦うことになりました。


多くの方は、誰かが襲われそうな場合、

「動くな」「やめろ」「ナイフを捨てろ」

等と言いたくなりますが、それができるのは戦闘技術を有する者です。

(※ 特に訓練をしていない者同士の場合、素手と刃物では圧倒的な戦力差が生まれます)



警察官等の公務員であれば、今まさに国民の生命が奪われそうであれば、

いち早く制止の呼びかけをし、犯人の気を自分に向ける必要があります。

それは、自分の命よりも、国民の生命を守ることが優先されるからです。

その為、犯人制圧に関わる様々な技能を習得するわけですが、

経験の無い一般の方が、刃物相手に正面から戦うのは非常に危険です。




例2:不意をつく場合


犯人がAを襲おうとしている状況



Bは声を出さずにAに近寄る



背後から奇襲する




本例の場合、奇襲が成功しています。


犯人はAに「気が付いている」状況であり、

且つ、列車内であれば走行音や、他の乗客の悲鳴などにより、Bの足音も「気付かれ難い」状況です。


相手の気をこちらに向けさせずに急襲する。

ダイナミックエントリーの要件として大切なサプライズ性と同じですね。


ご参考頂ければ幸いです。



要望が多ければ、続きとして戦闘技術を書きます。






2 全国出張訓練 情報更新

8月から予定している全国出張訓練につきまして、情報更新いたします。


■ 訓練内容
 当初、全箇所で同じ訓練を開催する予定でしたが、ご要望により各所異なる訓練を行う予定です。

 近接戦・市街地戦・野戦・ロウライトテクニック・護身術・戦術座学 等 


■ 開催日・場所

※ 「決定」以外は予定ですので変更の可能性がございます。


・8月19日 決定
 「TACTICS FIELD」 福岡県福岡市東区多の津4丁目5−12 LIZビル3F 

・9月29日 決定 
 日中「有明ベース」 北海道札幌市清田区有明
 夜間「UPPER'S」 北海道札幌市南区定山渓温泉西1丁目1

・10月13日 決定
 「インドアフィールド Arum」 広島県広島市安佐北区小河原町204−7
    
・10月27日 決定
 「Airsoft game park libra」 茨城県龍ヶ崎市馴馬町754 

・11月17日 決定
 「ラグナロク サバイバルゲームフィールド」香川県善通寺市生野町2884ー6

・12月1日  大阪(調整中)SSJに合わせて行う予定です。

・1月19日  長崎 → 開催場所変更予定(調整中)

・2月23日  京都(調整中)

・3月23日  名古屋(調整中)

・4月13日  富士(調整中)

・5月18日  茨城(調整中)

・6月22日  仙台(調整中)

・7月20日  新潟(調整中)


※ 全ての開催地が決まりましたら、受付を開始させて頂く予定です。
  1月以降はまだ調整中ですので、オススメのフィールドをご存知でしたらご紹介ください。



以上、よろしくお願い致します。



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 18:45Comments(6)ブログトレーニング

2018年06月12日

無差別殺傷事件の取材を受けました


田村装備開発です。

今回は2点更新いたします。



1 無差別殺傷事件


昨日の夕方、

東海道新幹線の無差別殺傷事件についてサンケイスポーツ様より取材を受けました。


ご興味のある方は今朝発売のサンケイスポーツをご覧ください。

約40分の電話取材でしたが、紙幅の関係上、文字数はあまりありません。

しかし、最も伝えたい部分を書いて下さったので良かったです。



本事案につきまして、様々な専門家がコメントをしておりますが、

素晴らしいと思うものから「あれ?」と思うものまで様々でした。



いつも本ブログをご覧くださる皆様へ、

弊社なりの危機管理について少し書いてみようと思います。




以下は弊社の考えですので、他の方のご意見を批判するものではございません。
良し悪しはご自身で判断し、良いと思えば参考にし、悪いと思えば忘れて下さい。



今回の事案に限らず、様々な場面で云えることは、

日頃から警戒する

ことです。



「今回の事件のように、突然襲われたらどうしますか?」

といったご質問をよく受けますが、

「襲われた後にどうするか」よりも「突然襲われない努力」が必要なのです。



格闘スキルを高めることは大切です。

座席を盾にするといった知識も必要になることがあるかもしれません。
※ 数メートル先に刃物を振り回す男がいる状況で、座席など外す暇があるでしょうか?
  時間的・場所的に余裕がある場合に限ります。実際に使える場面は限られるでしょう。



しかし、最も大切なことは、

「危険を早く察知する」ことなのです。


不意打ちをくらえば、プロアマ関係なくやられます。

したがいまして、不意にならない事が大切です。


その前提で、

逃げるか、戦うかを選択するのが肝要であり「やられたからどうしましょう」では遅いのです。



日本は世界的に見て平和な国です。だからこそ油断してしまいます。

テロの多い国では、常に他人同士が警戒をし合っています。

不自然にお腹が膨らんでいる者(爆発物を隠している可能性)や挙動がおかしい者がバスや電車に乗ってきた場合、乗客の殆どは、常にその者を監視し不意打ちをされないように心がけています。


いっぽう日本では、

他人に無関心、最近ではスマートホンにしか気が向いていない人が大多数です。


まずは、他人に関心を持ち、初動を早くすることにより危機から逃れられる可能性が高まります。



場所的、時間的にみて逃走が不可能である場合、または、襲われている人を助けたい場合はどうするか、

戦闘技術を高めるしかありません

刃物を持った相手を制圧するのは、大多数の人が想像するより遥かに難しいことです。


刃物を持つということは、犯人の練度は別として、その一撃一撃は殺傷力をもっています。

たった一撃でも、箇所によっては致命傷になるため、付け焼き刃では痛い目をみます。

ご自身が良いと思う先生を見つけ、しっかりと身体にしみこませるなければなりません。



一点だけ、素人にありがちな危険な行為を書きます。

亀の姿勢(うずくまり両手で頭部を守る)になること です。



多くの人は、攻撃を受けたり強い恐怖を感じると、咄嗟に亀の姿勢をとり急所を守ろうとします。

この姿勢は、防御の姿勢として最適と論じられることがありますが、私共の感覚では、

非常に危険な姿勢です。


亀の姿勢をとった場合、

多少の時間稼ぎはできるかもしれませんが、やられ放題です。

逃げることも反撃することもできません。

そんな状況で犯人の攻撃が止むタイミングは、

「犯人が制圧されるか飽きた時」

です。

亀の姿勢


やられ放題





※参考

座席を盾にする場合、時間的・場所的に余裕がない状況で行うと危険です。

犯人が刃物をだす


座席を外している間に刺される




簡単ですがご参考頂けましたら幸いです。




2 Armadillo Merino

一昨日、カートの更新をさせて頂いたArmadillo Merinoですが、

多くのご注文を頂きました、ありがとうございましたmm








早くも品切れの製品が出てきており、その他も、1〜8枚の在庫です。

オールシーズンに対応した高性能製品です。是非一度お試しください( ^ ^ )


armadillo merinoのページは こちら から


以上、宜しくお願い致します( ^ ^ )



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453
  


Posted by 田村 忠嗣  at 13:48Comments(0)ブログその他

2018年06月05日

ご迷惑をおかけします

田村装備開発です。


6月2〜3日のショットショージャパンで弊社ブースにお立ち寄り下さいました皆様、

出張訓練にご参加下さいました皆様、


本当に有難うございましたmm


大阪の方々は本当に気さくに話しかけて下さり、とても充実した時間を過ごせました( ^ ^ )/

次回、出店できるか分からないのですが、

できる限り予定を組み込めるよう努力致します!

その際は、何卒宜しくお願い致しますmm




今回は2点ご連絡いたします




1 ご迷惑をおかけします

田村装備開発のネットショップでは、

代金引換・銀行振込・コンビニ決済・クレジット決済

の4つからお支払い方法を選択して頂くのですが、

クレジット&コンビニ決済のセキュリティーシステム更新につき、

現在ご利用頂けない状況です。



大変ご迷惑をおかけしますが、復旧までの間、

お支払い方法は、

代金引換・銀行振込(クレジット&コンビニ決済を選択するとエラーが出ます)

からご選択下さい。


更新には約1ヶ月程度かかる見込みです。


大変恐縮ですが、何卒宜しくお願い致します。




2 大人気製品 Gen.2になって再入荷

弊社の大人気製品、

UCR-R BK

Gen.2が今月中に完成します。


お値段・全体の構造は変わらず、縫製が強化されたモデルです。


(こちらは現在のUCR-Rです)




(開発中のオプション:プレート収納システム他)



用途に合わせて様々な組み合わせが可能なチェストリグです。



発売日が決まりましたら、Gen.2の写真と一緒にご連絡いたします。


宜しくお願い致します( ^ ^ )/



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 12:10Comments(4)ブログその他

2018年05月31日

自衛官 及び 予備自衛官等にご興味のある方へ



田村装備開発です。


今回は、

・自衛官

・予備自衛官補

・予備自衛官

・即応予備自衛官


の説明会についてご連絡いたします。






本説明会につきましては、

説明:自衛隊 埼玉地方協力本部

会場:田村装備開発本社

という形で実施致します。






自衛官の仕事に興味のある方、予備自衛官等をご検討されている方、是非この機会にご参加ください。






開催日はまだ確定していないのですが、予定日・内容は下記の通りです。


・開催予定日 (変更の可能性がございます)

 説明会 8月4日(土) 10時〜12時

 講習  8月4日(土) 13時〜14時

※講習は説明会にお越し頂いた方のみご参加頂けます。



・集合予定時間 (変更の可能性がございます)

 8月4日(土) 9時30分〜10時
予定日ですので変更の可能性がございます。
 受付開始の際に正確な日時を記載しますのでご注意ください。


・お申し込み受付開始日
 調整中 (確定しましたらブログ等でご連絡致します)



•集合場所
 〒355−0008 埼玉県東松山市大谷4453
 田村装備開発 本社1階



•説明会の参加対象者
※ 志望となっておりますが、ご興味さえあればご参加頂けます。

・自衛官 志望
 18歳以上〜27歳未満

・予備自衛官補 志望
 18歳以上〜34歳未満

・予備自衛官、即応予備自衛官 志望
 元自衛官 及び自衛官を退職予定の方



•持物
必要な方はメモ帳・筆記用具をお持ち下さい


•お申し込み方法
弊社の製品HPからお申し込み頂きます。
「講習あり」「講習なし」がありますので、どちらかお選びください。

※製品カートからのお申し込みですので、システム上の関係で送料・手数料等が加算されますが、費用は発生しませんのでご安心ください。



・講習につきまして

説明会にお越しくださいました方を対象に、ご希望の方へは田村装備開発が下記講習を行います。

「89式小銃を使用した講習」
※実銃ではございません。訓練用のラバーガン等を使用します。





本講習の講師は、弊社職員の

元陸上自衛隊 特殊作戦群 第1期生 長田 賢治

が担当致します。


体力等は必要ございません。健康な方であれば何方でも受講頂けます。


なお、本講習につきましては、

国防を志す方を応援させていただくものですので無料で実施いたします。



以上となりますが、

一切堅苦しい雰囲気はありません。

お茶をご用意しますので、リラックスしながらお聞き下さい。






自衛隊への入隊や、予備自衛官等を少しでもご検討されている方、

是非ご参加ご検討ください。


開催日および受付開始日が確定しましたら、改めましてブログにてご報告致します。


以上、よろしくお願い致します。




田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 15:50Comments(0)ブログその他トレーニング

2018年05月30日

SSJお得です( ^ ^ )/

田村装備開発です。


今回は3点ご連絡致します。



1 SSJ特価

6月2〜3日に開催されます、SSJ(ショットショージャパン)弊社も出店致します( ^ ^ )/





ほぼ全ての商品がイベント特価ですが、

一部数量限定の、

・大特価製品 (ホロサイト&ライト&アーマー好き必見)

・新製品 (UCRオプションの先行販売)


等あります。


SSJにお越しの際は、是非お立ち寄りください( ^ ^ )/





2 大阪訓練 のRBTで 「SOL」説明致します


6月2日に開催致します、

・ CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術

・ RBT(合理的行動訓練) & ロウライト応用戦技 特別訓練


につきまして、沢山のお申し込み、本当に有難うございますmm





CQC講習につきましては、あと4名で定員です。

なお、訓練参加者の皆様には、「受講証明書」を発行させて頂きます(後日発送致します)





今年は前年以上に様々な仕事が入っており、夏から年末にかけてバタバタしそうです。


大阪での出張訓練も、当分先になってしまう可能性がありますので、

弊社のトレーニングにご興味のある方は、是非この機会にご参加ください( ^ ^ )



CQCは、

直ぐに習得できる日用の護身術 〜 プロ向けの技術まで、実際の使用例を説明しながら行います。

まずは身体の使い方を学んでいただき、相手の力の逃がし方や、強い力の出し方を練習します。

よくご質問のある、法的な話を踏まえながら、日常の心構えや護身術を行い、

その先にある LE & military 向けのCQCを行います。



RBTは、

弊社の主軸となる訓練であるRBT + ロウライト応用戦技で説明している技術を行います。

「ロウライト応用戦技で説明している技術」

「SOL」という戦技で、敵の殲滅に適しており、

復習すれば数日で習得できるほど容易な連携にもかかわらず、

ロウライト状況下では圧倒的な威力とエントリー速度を誇ります。

TTCでも一部の方しか知らない戦技ですが、プロの方に喜んで頂きたく組み込みました。



両訓練とも、初めての方から上級者の方までご満足頂けるようプログラム致しました。

即効性の高い技能を提供しますのでご期待ください( ^ ^ )/



訓練の詳細・お申し込みは こちら から





3 自衛官に興味のある方へ

自衛官・予備自衛官等に興味のある方、将来隊員になることを目指している方、

次回のブログ必見です( ^ ^ )/ 

 (只今調整中ですが、多分次回ご連絡できます!できなかったらすみませんmm)



以上、よろしくおねがいいたします( ^ ^ )/



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 18:20Comments(0)ブログトレーニング

2018年04月27日

防衛大臣認定 & 新製品等


田村装備開発です。

本日は3点ご連絡致します( ^ ^ )



1 認定証

先日25日、身に余る認定を頂きました( ´ ▽ ` )ノ


ことの発端は一月ほど前、、、、


長田部長 
「社長!!!社長!!!金盾貰えるみたいですよ!!!」


私 
「・・・?・・・・なんすか金盾って?」


長田部長 
「銀盾が金盾になります!」


 
「はい?」


長田部長 
「予備自衛官等協力事業所の盾が防衛大臣認定になります!」


 
「・・・ふっ(笑)・・・またまた、、、うち長田さんしかいないのに貰えるわけないですよ」


長田部長 
「社長、、、、、、、、、、マジです!」



 
「・・・マジかーーーーーーー!!!(゚O゚)!!!」



ということで、

25日、着慣れないスーツを身にまとい埼玉地本にお邪魔しました。







身に余る光栄ですm(_ _)m


せっかくなので、何故弊社のような零細企業が防衛大臣の認定を頂けたのか、、、

その謎を究明すべく、

「何故弊社が選ばれたのですか?」

とご質問したところ、


出頭率の高さ等が評価され、ご推薦して頂けたとのことでした。


そういえば長田部長、約8年間の出頭率100%


田村装備開発では、即自の出頭を第一優先に考えており、

出頭予定日は必ず長田を主要業務から外していました。


小さな会社でも真面目にやっていれば評価して頂けるのですね( ^ ^ )/




と云うことで、私は何もしていませんが、記念写真^ ^


(これは前に頂いた銀盾)



微力ではありますが、これからも防衛のお手伝いができればと思っております( ^ ^ )/




2 新製品

長らく品切れが続いておりました、

INDUCTION CATCH typeM 

Gen2.が完成致しました!





前モデルとの違いは、


(1) ローレットネジの可変部分を拡張



細めのベルトやモール1列の場合もしっかりと固定できるようになりました。



(2) 裏側アルミプレートの厚みを変更



より強度が増し、しっかりとした作りになりました。


(装着例:写真は前モデルのものです)




本製品はピカティニーレールさえあれば様々な物に使用できます。

従いまして、ウエポンキャッチとしてだけで無く、

例えばブリーチーング用のバール等にピカティニーを装着して使用する等も可能です。


素早く確実に脱着できる機械ですので、色々とお試し頂ければ幸いです。


■ 予約受付日
  4月27日(本日)18時30分 (時間になりますとカートがUPされます)


■ 発売日 (弊社が発送手続きを行う日です)
  4月30日


■ 価格
  29,800(税・送料込)


ご予約は こちら から (本日18時30分にカートがUPされます)


コンマ一秒の隙を減らす事の大切さを知っている方にオススメです。

是非一度お試し下さい^ ^




3 明日からの訓練

4月28日 (1訓練) 
・車両・バス突特別訓練
 担当 田村・長田
 車両の操作、バス突入に特化した戦術戦技を行います。
 持ち物・RBTと同じ

4月29日 (3訓練)
・SelfDefense(護身術)1日特別訓練
 担当 田村
 各種身体操作・護身術の技能講習を行います
 持ち物 丈夫な服装

・身辺警護特別訓練
 担当 長田
 ボデーガード訓練、戦術立案・想定訓練等を行います
 持ち物 メモ帳・丈夫な服装

・射撃技能向上 特別訓練
 担当 瀧澤
 様々な射撃テクニックを教授します
 持ち物 RBTと同じ

4月30日 (3訓練)
・RBT初心者講習 
 担当 瀧澤

・RBT 
 担当 田村・瀧澤

・ラペリング1日集中特別訓練
 ラペリングを2単位分行います
 担当 長田


訓練のお申し込み、開催場所、その他詳細は 訓練用HP から


以上、宜しくお願い致します^ ^




田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453
  


Posted by 田村 忠嗣  at 17:56Comments(0)装備品ブログトレーニング

2018年01月31日

明けましておめでとうございます

田村装備開発です

今更ですが、新年明けましておめでとうございます!


年始からバタバタしており、本年初めてのブログ更新です( ^ ^ )/


今回は、特別講師訓練のご連絡です。



1 歩兵戦闘基礎 特別訓練

本年は、受講生の方々に多くの技能を身につけて頂きたく、

戦闘に関わるプロの中で、特に信頼している講師を招聘しております。


ということで、3月も特別講師訓練を実施致します( ^ ^ )/




■ 講師
  元フランス外国人部隊 結城 健司氏

■ 訓練名
  歩兵戦闘基礎 特別訓練

■ 開催日時
  2018年3月17日(土) 10:00〜18:00
          (9:45までにお越し下さい)

■ 開催場所(集合場所)
  田村装備開発本社
  355−0008 埼玉県東松山市大谷4453
  TEL 0493−36−1255

■ 訓練料金
  14,000円(税込)

■ 定員
  20名

■ 受講制限 : 有り(下記に該当される方のみ受講頂けます)
  ○ 田村装備開発 訓練年間会員
  ○ 田村装備開発 特別訓練カードを使用される方
  ○ 自衛官・警察官・海上保安官・麻薬取締官

本訓練は製品HPよりお申し込みください。

お申し込みは こちら から



2 一月の特別講師訓練

1月8日 元フランス外国人部隊 野田 力 氏 戦闘救護訓練



1月27〜28日 元海上自衛隊 特別警備隊(SBU)伊藤 祐靖 氏 特殊作戦訓練


両訓練とも、非常に内容の濃い訓練でした( ^ ^ )

ご参加下さいました皆様、講師の皆様、本当にありがとうございました!


上の記念写真につきまして、ご希望の方はご連絡ください。

メールにてデータをお送り致します。(訓練参加者に限ります)


以上、宜しくお願い致します。


田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 12:19Comments(0)ブログトレーニング

2017年12月29日

年末年始のご連絡

田村装備開発です。

今回は、特別訓練と年末年始のご連絡をさせて頂きます。



1 特別訓練

・1月6日〜7日 総合特別訓練

・1月8日 戦闘救護特別訓練


総合特別訓練は、RBT・セルフディフェンス・ラペリング(3種の定期訓練)に加え、ロウライト講習を行います。

2日間で、弊社の様々なトレーニングを受講頂けますので、初めての方に特にオススメです。


戦闘救護特別訓練は、元フランス外国人部隊の野田力氏を招聘した特別講師訓練です。

戦闘に関わる訓練と救護に関わる訓練を行い、最後に想定訓練を実施致します。

医療関係者の方にもオススメの訓練です。


両訓練とも、初めての方でも問題ございません。健康な方であればどなたでもご参加頂けます。

まだ空きがありますので、ご興味のある方は是非ご参加ご検討ください。

総合特別訓練のお申し込みは こちら から

戦闘救護特別訓練のお申し込みは こちら から

年始初の訓練、楽しみながらスキルアップしましょう( ^ ^ )/




2 年末年始のご連絡



2017年の営業につきましては、本日12月29日をもちまして終了させて頂きます。

弊社をご愛顧くださる皆様のおかげで、設立以来、最高の業績を達成しました。

良い出会いも沢山ありました。


来年も皆様にお喜び頂ける製品作り、訓練の提供ができるよう、これまで以上に精進致します。


本当にありがとうございましたmm


2018年は1月6日より営業を開始させて頂きますので、

商品の発送・お問い合わせのご返答等は1月6日以降となります。



皆様が良い新年を迎えられるよう、社員一同心よりお祈り申し上げます。

来年も何卒宜しくお願い致します!



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 16:42Comments(0)ブログトレーニング

2017年12月20日

訓練・製品・TV

田村装備開発です。

今年も残すところ僅かとなりました。

訓練・出張・事務・接客・訓練・訓練・事務・出張・・・・・

と、師走というだけあって、田村装備開発もバタバタしております。

しかし、今年もあと少し!

最後まで頑張ります!


では、

今回は3点ご連絡させて頂きます( ^ ^ )/



1 本年最後の訓練

○12月23日

・日中:戦技総合 特別訓練


・夜間:ノーライトバトル(無照明下戦闘)基礎 特別訓練


両訓練とも、今回初の特別訓練です。



■戦技総合 特別訓練

戦技基礎と戦技応用を纏めて実施する訓練です。

1つ1つの練習時間を短くし、多くの戦技を行いますので、

復習できる環境にある方や、一日で様々な戦技を習得されたい方に特にオススメの訓練です。



■ノーライトバトル基礎 特別訓練

ローライトとノーライトでは、適した戦技が異なります。

今回は基礎として、

「特性や技術体系の座学」に始まり、

後半は「練度を向上させるための練習法」と「実技」を行います。

ローライトバトルと同様、保秘及び事故防止の観点から「誓約書」にサインをして頂きます。予めご了承下さい。




○12月24日

・午前:RBT初心者講習
・午後:RBT


平成29年最後の訓練はRBTです。

田村装備開発が最も重視している訓練であり、総合的な能力を高めます。

例年通り最後は楽しい想定訓練を考えています( ^ ^ )/

※ 昨年の想定訓練(凶悪ナガサンタの来襲)



初めて銃を握る方もご安心ください、誰もが本格的な技術を習得できます。


※昨年の最終訓練



そして、

訓練最終日24日はクリスマスイブなので、、、

サンタからのプレゼント

があるかもしれません( ^ ^ )/


本年最後の訓練、楽しく実りある訓練にしましょう!


訓練のお申し込みは こちら から




2 福袋&年間会員



本年の年間会員・福袋も残り僅かとなりました。

有難うございましたmm

残り受付数をご連絡いたします( ^ ^ )

田村装備開発年間会員・・・1
訓練福袋・・・・・・・・・2
特別訓練福袋・・・・・・・2
T-MOUT福袋・・・・・・1
T-MOUT福袋・・・・・・2
通信講座福袋・・・・・・・1

来年は特別訓練に力を入れる予定ですので、

全ての訓練を受講頂ける「田村装備開発年間会員」と「特別訓練福袋」が特にオススメです( ^ ^ )


ご予約は こちら から




3 TV



先日、テレビのお仕事をさせて頂きました。

まだ詳しいことはお話できないのですが、

50人位メンバーがいるアイドルの方々です( ^ ^ )

皆さん本当に頑張っており、見ごたえのある良い番組になると思います。

情報出しOK出ましたら、あらためてご連絡致しますmm


以上、宜しくお願い致します。



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 18:03Comments(0)装備品ブログ趣味トレーニング

2017年12月19日

日本の特殊部隊

田村装備開発です

先日出勤すると、SATマガジン様からお届け物が、、、

開封すると、




「日本の特殊部隊」


のプレゼントでした!( ^ ^ )!



SATマガジン様、有難うございます!!



この本ですが、

私(田村)も写っていました(笑)

恥ずかしいので何ページとは書きませんが、、、

ご興味のある方は訓練時等にお聞きください( ^ ^ )



本誌は、

美術書に使うスーパーホワイト(A1ランク クオリティ)の紙を使っているそうで、

画素数も高くとても綺麗です。



様々な特殊部隊が紹介されているので見応えあります。

また、今回頂いた物には初回限定特典としてカメラマンのサインが入っておりました。




書店では販売していないとの事ですので、

ご興味のある方は、SATマガジン様のHPをごらんください。

ご注文は こちら から


以上、宜しくお願い致します。



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 15:46Comments(10)ブログその他

2017年12月07日

新製品受付 & 訓練受付 & ミリブロレポート

田村装備開発です。

今回は3点ご連絡致します。宜しくお願い致します。


1 新製品

・ デルタアーマー
  (プレートキャリアー・ソフトアーマー 又は ハードプレート & トラウマパットのセット)
・ TTGD-BP/S
  (耐弾耐刃 ソフトアーマー & トラウマパットセット)
・ TTGD-BP/H
  (耐弾 ハードプレート & トラウマパットセット)
・ TTGD-FBH-N
  (バリスティックヘルメット)
・ TTGD-FBH-S
  (バリスティックヘルメット)

の5種類、明日19時より予約受付を開始致します。

■ 予約受付開始日
 12月8日 19時
 ※ アクセスが集中した場合、一時的にHPが不調をきたす場合がございます。
   どうかご容赦下さい。

■ 発売日
 12月19日(弊社が発送手続きを行う日です)


※ ご購入をご検討頂けますお客様へ ※
本製品は、同意書への署名押印が必要な製品です。
ご購入をご検討頂けますお客様は、HPをお読みになった上でご注文下さい。



・ デルタアーマー



・ TTGD-BP/S耐弾NIJ Level3A・耐刃NIJ Level2



・ TTGD-BP/H耐弾NIJ Level3A



・ TTGD-FBH-N耐弾NIJ Level3A



・ TTGD-FBH-S耐弾NIJ Level3A



全ての製品、かなりのコストパフォーマンスを実現できました( ^ ^ )/

是非ご検討くださいmm

ご予約は こちら から (受付開始日時になりますとカートがUPされます)




2 戦闘救護 特別訓練受付開始

元フランス外国人部隊 野田力氏を招聘した特別訓練

「戦闘救護 特別訓練」

の受付を、本日開始致しました。

実戦経験豊富なインストラクターです。是非ご参加ご検討ください。

お申し込みは こちら から

訓練の詳細は↓をご覧ください













3 ミリブロレポート



12月2日に開催した特別訓練を、ミリタリーブログ様が取材下さいました。

ミリブロレポートにてご紹介頂きましたので、ご覧頂けましたら幸いです。

ミリブロレポートは こちら から

田村装備開発の講習内容が分かりやすくまとめられております( ^ ^ )

弊社では、あまり戦術的な内容をブログ等で書いておりませんので、

このレポートがご参考になれば幸いです。



以上、宜しくお願い致します( ^ ^ )/



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 19:09Comments(5)装備品ブログトレーニング

2017年12月06日

戦闘救護特別訓練

田村装備開発です。

先日の大阪出張の際、

ショットショージャパン & 各種訓練にお越しくださいました皆様、


本当に有難うございましたmm


多くの方と色々なお話しができ、とても有意義な時間がすごせました。

重ね重ね御礼申し上げます。



今回は、来年度初旬に開催する特別講師訓練のご連絡です。


※ 本訓練の受付は、明日18時より開始致します

※ 本訓練は商品用HPからのお申し込みとなります



お申し込みは こちら から(12月7日18時にカートがUPされます)



・戦闘救護 特別訓練

■ 開催日
平成30年1月8日

■ 集合場所
東松山市大谷4453 田村装備開発本社

■ 受講料 
15,000円(税込)


■ 受講制限 
無し (成人・健康な方であればどなたでもご参加頂けます)


■ 集合時間 
9時30分〜10時00分


■ 訓練時間 
10時00分〜18時00分(昼休憩・小休憩含む)


■ 持ち物 
・RBTと同じ( こちら をご覧ください)
・お持ちの方は、メディック装備
※違法物品は絶対に持ち込まないで下さい


■ 特別講師 野田力氏 経歴

元フランス外人部隊 第2外人パラシュート連隊 水陸両用中隊 衛生兵
2004年10月入隊。4ヶ月の基本訓練後、パラシュート連隊に配属され、戦闘訓練や衛生兵訓練を修了。
コートジボワール、ジブチ、ガボン、アフガニスタンへの派遣を経験。
2011年4月に除隊し、帰国後は自身の経験を日本の自衛官・警察官・医療者等に伝えている。


■ 訓練担当 

戦闘救護担当  野田 力 (元フランス外国人部隊)
近接戦闘担当  田村 忠嗣(元埼玉県警察 警備部 RATS)
野戦担当    長田 賢治(元陸上自衛隊 特殊作戦群 SOG)


■ 内容
戦闘救護・近接戦闘・野戦をそれぞれの講師が担当し、
想定訓練・AAR・質疑応答を行います。
実戦経験の豊富な元フランス外国人部隊野田力氏を招聘した特別訓練です。


■ 年間会員・訓練カード
・年間会員    : 無料で受講頂けます
・特別訓練カード : ご使用頂けます
・訓練カード   : ご使用頂けません



近年特に重要視されている戦闘救護の訓練です。

危険な現場、戦闘地帯に適合したトリアージは安全地帯でのものとは異なります。

また、戦闘状況下での救護は、戦闘に関わる知識、技術が必要不可欠です。

救命処置の技能に加え、戦闘に関わる知識・技術を講習した上で、

負傷者救出の想定訓練を実施します。

知識だけでなく、実際に使える技能を習得して頂けるよう努めますので、

職務への活用に限らず、大切な人や、自分自身を助けるための能力向上に是非ご活用下さい。



1月27日〜28日の、伊藤祐靖氏を招聘した特別訓練も合わせてご検討下さい。











以上、宜しくお願い致します( ^ ^ )/


田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 19:48Comments(4)ブログトレーニング

2017年11月30日

新製品先行販売・特別講師訓練、その他まとめて更新します

田村装備開発です。

本日は、


・「特殊作戦 特別訓練」の受付開始


・ 田村装備開発 ダンプポーチの予約受付開始


・ 大阪 ショットショージャパンでの新製品 先行販売品
   ※ご購入の際、同意書への署名押印が必要です


・ 各種福袋の在庫状況



以上4点、まとめて更新致します。


新製品を多数紹介しますのでご期待ください!

お値段も破格です!^ ^!



1 「特殊作戦 特別訓練」 受付開始

元海上自衛隊 特別警備隊(SBU)先任小隊長 二等海佐 伊藤祐靖先生を招聘した、

「特殊作戦 特別訓練」

につきまして、本日18時より受付を開始致します。


■ 訓練開催日時 : 平成30年1月27〜28日(2日間)

■ 受付開始日時 : 本日(11月30日)18時00分
                 (18時にカートがUPされます)


※ 本訓練は商品用カートからお申し込み頂けます。

お申し込みは こちら から


訓練の詳細は11月24日のブログをご覧ください。



2 田村装備開発 ダンプポーチ(陸自迷彩)の予約受付開始

本日18時30分より、

「田村装備開発 ダンプポーチ (陸自迷彩)」

のご予約受付を開始させて頂きます。



■ 受付開始日時 : 本日(11月30日)18時30分
               (18時30分にカートがUPされます)

■ 発売日 : 12月5日 (弊社が発送手続きを行う日です)



ご予約は こちら から


先日販売させて頂きました、BKは即日完売致しました。

本製品も予約期間中に完売する可能性がございます。

※ アクセスが集中しすぎた場合、HPが不調をきたす場合がございます。どうかご容赦ください。

ダンプポーチの詳細は↓をご覧ください











3 大阪 ショットショージャパンでの新製品 先行販売品

12月2日〜3日、弊社が出店させて頂く、

ショットショージャパン

にて、新製品を先行販売させて頂きます。


下記製品(トラウマパットを除く)は、ご購入の際に同意書への署名押印を頂きます。
署名押印頂けない場合はお売りすることができませんので、ご購入をご検討される方は、印鑑をご持参下さい。


・ デルタアーマー (シングル&ダブル)



○ プレートキャリア

○ NIJ Level3A(ソフト又はプレート)

○ トラウマパット

のセットです。

前面のみを防護するシングルセットと、

前面・背面を防護するダブルセットです。

ソフトアーマータイプとハードプレートタイプがございます。




シングルセット(写真はソフトアーマー) 

販売価格 35,000円(税込)





ダブルセット(写真はソフトアーマー)

販売価格 70,000円(税込)




・ TTGD-BP/S (耐弾 ソフトアーマー アンチスタブ ・ トラウマパットセット)



■ 耐弾 Level3A
■ 耐刃 Level2

販売価格 26,000円(税込)



・ TTGD-BP/H (耐弾 ハードプレート ・ トラウマパットセット)



■ 耐弾 Level3A

販売価格 25,000円(税込)



・ トラウマパット



販売価格 4,000円(税込)



・ FBH-S & FBH-N (バリスティックヘルメット)



Level3Aバリスティックヘルメットです。

ヘルメットにつきましては、今後受注生産品となる予定です。

ショットショージャパンでは実際にお手にとってご覧頂けますので、是非お立ち寄りください。

(ヘルメット内側)


(カラーは、BK・TAN・OD・MCの4色ございます)


販売価格

FBH-S(マルチカム) 64,500円(税込)

FBH-N(BK・TAN・OD) 59,800円(税込)



以上が新製品です( ^ ^ )

その他、ダンプポーチなどの大人気製品や定番製品も持っていきます。

特価品多数ですので、是非お立ち寄りください^ ^!




4 各種福袋の在庫状況

完売致しました(カートから削除されています)
戦術福袋
スコープ福袋
お手軽福袋
アパレル福袋
潜入福袋

残りわずか
年間会員
通信講座福袋
訓練福袋
特別訓練福袋
ナイフ福袋

余裕あります
T-MOUT福袋
T-MOUT福袋2


以上、宜しくお願い致しますmm



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453
  


Posted by 田村 忠嗣  at 12:42Comments(2)装備品ブログ趣味トレーニング

2017年11月26日

新製品 護身具です( ^ ^ )/


田村装備開発です。

今回は2件ご連絡致します。



1 福袋・年間会員

昨日予約受付を開始させて頂きました、年間会員・福袋について在庫状況をご連絡致します。


完売致しました(カートから削除されています)
戦術福袋
スコープ福袋
お手軽福袋


残りわずか
年間会員
通信講座福袋
訓練福袋
特別訓練福袋
潜入福袋
ナイフ福袋
アパレル福袋


余裕あります
T-MOUT福袋
T-MOUT福袋2



オススメは、特別訓練福袋と通信講座福袋です( ^ ^ )


年間会員と福袋につきましては下記リンクをご覧下さい。













2 新製品

今回は「護身具」と自信を持って説明できる新製品の紹介です。

今は分かりませんが、

私が小学生の頃はハサミや鉛筆を削るために使う小さな刃物が当然のごとく筆箱に入っていました。

そんな日用品であっても、

「護身のために持っています」

と言うと、罰せられることがあります。


護身のためと答えれば、その多くは違法となってしまうので、

「護身具」という言葉は日本では禁句のようなものなのかもしれません。


大富豪や一定以上の役職にある人間を除き、

「自分の身は自分で守る」

ことは世界共通の認識と云っても過言でなく、危機管理に疎いとされる日本でも最近は常識となりつつあります。

しかし、口で言うのは簡単でも実際には難しく、

1 危機管理に関わる知識・技術を習得するか

2 物に頼らざるを得ませんが、

上記の通り、攻撃を目的とした護身具を日本で持ち歩く事は通常できません。


しかし、

田村装備開発の新製品は、自信を持って


「護身具です!」


と言えます( ^ ^ )/



前置きが長くなりましたが、今回紹介する新製品は、

デルタアーマー (耐弾ボディーアーマー)

です。




戦うための護身具でなく、護るための護身具です。

攻撃を目的とした護身具では無く、防御力を高めるものです。

これなら誰にも批難されることはありませんね^ ^


近年の国際情勢を鑑みるに、日本国内であっても危機感を持って行動すべきです。

日本国は銃器社会でないため、当局や一部の民間を除き通常は銃器に触れることはできません。

しかし、犯罪者の間では流通しています。

2020年オリンピックも安全とは言い切れず、いつ犯罪に巻き込まれるかわかりません。



上記理由から、日用品として使用できる耐弾対刃製品

を開発しました( ^ ^ )



日用品として使う上で、使用感が悪くては着用すること自体が億劫になってしまいます。

従いまして、以下をコンセプトとしました。

1 薄く軽量であること

2 動きを妨げず着用していて殆ど負担にならない

3 お買い求めやすい値段設定


これらをバランス良く考慮しデザインしました。


まず耐弾レベルですが、

Level ⅢAにしました。Level Ⅳも入荷できるのですが、非常に高価であり重量も嵩みます。

日本で発生している事案はその多くが刃物又は拳銃であるため、

軽量でありながら刃物と多くの拳銃弾に対応したLevelとしました。(5.56や7.62等には対応していません)


防護箇所をバイタルゾーンに絞り、

動きを妨げない、着用時の負担を最小限にする上で、日本人の体格に合わせたスイマーカットにしました。


非常に薄く軽いアーマーのため、

警察官(交番やパトカー等)

4号警備(ボディーガード)

3号警備(貴重品運搬警備業務)

普段使い(護身の観点)

等に適していると思います。


耐弾・耐刃製品は、絶対的な安全を保障するものではありませんが、

飛躍的に防御力が向上し、生き残る可能性を高めます。


※耐弾・耐刃製品につきまして
ご購入の際に同意書に署名・押印をして頂きます。
頂けない場合はご購入できませんのでご了承下さい。



プレキャリ & プレート又はソフト & トラウマパットがセット内容ですが、

皆様がきっと驚くコストパフォーマンスと思います。ご期待ください!


詳しい内容は、後日ブログ等でUPいたします( ^ ^ )/


以上、宜しくお願い致します。



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 17:17Comments(0)装備品ブログトレーニング

2017年11月25日

福袋です( ^ ^ )/

田村装備開発です。

前回の「田村装備開発 年間会員」に引き続き、

・各種福袋のご紹介

・昨日弊社にお問い合わせ頂きましたご質問の回答

をさせて頂きます。



1 各種福袋

毎年大好評の福袋です。

本年も、1年間の感謝の意を込めまして、品質の高い内容です。

ご期待ください( ^ ^ )/





「田村装備開発年間会員」&「各種福袋」につきましては、本日18時より受付を開始させて頂きます。

※ 数に限りがございますので、品切れの際はご容赦下さい。
※ 福袋・年間会員はポイントが加算されません。予めご了承ください。



■ お申し込み期間
  平成29年11月25日 〜 12月25日(又は品切れ)

■ 商品発送日
  平成29年12月27~29日


■ 商品到着日
  平成30年1月・・・・1日 ・ 2日
  
  ※ご購入の際、配達希望日を上記からお選び下さい。
      (冬季休暇の関係で、他の日にちはご対応できません)
   ご指定が無い場合は、1月1日を発送指定日にしてお送り致します。
      (交通状況により到着の遅れが発生する場合がございます)



ご予約は こちら から (本日18時にカートがUPされます)



では、今回ご用意させて頂きました、各種福袋のご紹介です。


■ 訓練福袋
 (定期訓練10万円分の回数券) 50,000円(税・送料込み)
  定期訓練(RBT基礎・RBT・ラペリング・セルフディフェンス)でご使用頂ける回数券です。
  4,000円のコマが25コマあり、ご使用金額分を消す方式です。
  使用期限は平成30年〜31年末までです。

■ 特別訓練福袋
 (特別訓練・定期訓練16万円分の回数券)100,000円(税・送料込み)
  特別訓練及び定期訓練にご使用頂ける回数券です。(全ての訓練にご使用頂けます)
  4,000円のコマが40コマあり、ご使用金額分を消す方式です。
  訓練会場が田村装備開発敷地内で無い場合、会場代・移動費・弾丸代等の実費分はご負担頂きます。
  使用期限は平成30年〜31年末までです。

■ T-MOUT福袋
 (定例会5回分の回数券)10,000円(税・送料込み)
  T-MOUTの定例会(平日・休日)に5回参加できます。
  定例会は、平日2,500円、休日3,000円ですが、本回数券は一回2,000円となりお得です。
  使用期限は平成30年内です。

■ T-MOUT福袋2
 (定例会10回分の回数券)15,000円(税・送料込み)
  T-MOUTの定例会(平日・休日)に10回参加できます。
  定例会は、平日2,500円、休日3,000円ですが、本回数券は一回1,500円となり大変お得です。
  使用期限は平成30年内です。

■ 戦術福袋
 (ナイロン系装備を主とした内容)100,000円(税・送料込み)
  田村装備開発製品を始め、戦闘に関わる装備品を主に構成しております。

■ 潜入福袋
 (リペリング等潜入装備を主とした内容)100,000円(税・送料込み)
  ロープ・カラビナ・グローブ等、潜入に関わる装備を主に構成しております。

■ ナイフ福袋
 (オリジナルのナイフ1本プラスα)100,000円(税・送料込み)
  田村装備開発がデザインしたオリジナルナイフ1本と、その他製品で構成しております。
  本福袋のみ、受注頂いてからの特注ですので、お届けは平成30年10月頃になります。

■ アパレル福袋
 (戦闘服を主とした内容)100,000円(税・送料込み)
  高品質メーカーの製品を主に構成します。
  ご注文の際は、備考欄に服のサイズをご記入下さい。(身長・体重等)

■ スコープ福袋
 (スコープ1本プラスα)200,000円(税・送料込み)
  究極のレンズ性能を誇るスコープと、その他製品で構成しております。

■ お手軽福袋 
  30,000円(税・送料込み)
  届いてからのお楽しみです( ^ ^ )/

■ 通信講座福袋
 (初級〜上級の計36回分の通信講座)120,000円(税・送料込み)
  弊社の「特殊作戦技能」通信講座全36回分をまとめてお送りします。
  通常16万円分の内容ですので大変お得です。
  通常と同様、修了書の発行と粗品(非売品)のプレゼントがあります。



以上11種類です( ^ ^ )/

皆様にお喜び頂けるよう、厳選した製品で構成します!

宜しくお願い致しますmm



2 昨日頂きましたご質問のご回答

昨日ご質問下さいましたお客様にはご回答差し上げましたが、

皆様にもお知らせすべき事項でしたので、こちらでもご案内させて頂きます。

■ ご質問内容
ブログにありました1月開催の「特殊作戦 特別訓練」は受講制限を満たしておりませんが、「訓練福袋」の回数券で受講できますか?

■ 回答
「特別訓練福袋」であれば受講いただけます。

「訓練福袋」の回数券は、定期訓練(RBT基礎・RBT・ラペリング・セルフディフェンス)にのみご使用頂ける回数券ですので、特別訓練にはご使用頂けません。

「特殊作戦 特別訓練」の受講制限は、

公務員の方・・・自衛官・警察官・海上保安官・麻薬取締官・政府関係者

一般の方・・・・弊社で開催している「RBT」上級保有者以上の方

上記の方が受講頂けますが、例外として、

・ 特別訓練福袋の回数券

・ 田村装備開発 年間会員


をお持ちの方は受講制限が無効になりますので、「特殊作戦 特別訓練」を含む全ての訓練を受講頂けます。



※「特殊作戦 特別訓練」及び「田村装備開発 年間会員」につきましては ↓をご覧下さい。










以上、宜しくお願い致します( ^ ^ )


田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 12:42Comments(0)装備品ナイフブログトレーニング

2017年11月24日

伊藤祐靖氏による特別訓練・年間会員

田村装備開発です。

先日予約受付を開始させて頂きました、

田村装備開発 ダンプポーチ

アクセスが集中しすぎたため、一時サーバーダウンする事態となり、

ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございませんでした。


その様な状況にも関わらず、多くの方が定期的にアクセス下さり、受付当日に完売致しました。


本当にありがとうございましたmm



今回は、

・「特別講師を招聘した訓練」

・「田村装備開発 訓練年間会員(以下 年間会員)」


のご連絡です。



1 特殊作戦 特別訓練 (2日間) 

初日、田村装備開発講師による特殊戦技講習を行い、2日目に元海上自衛隊 特別警備隊(SBU)先任小隊長 二等海佐 伊藤祐靖先生による射撃及びCQB訓練を行います。

※ 訓練の受付開始日時、その他詳細は近日中にご連絡致します。

■ 開催日
平成30年1月27日・28日

■ 担当講師

伊藤 祐靖 元海上自衛隊 特別警備隊(SBU)

田村 忠嗣 元埼玉県警察 警備部 機動隊 機動戦術部隊(RATS)

長田 賢治 元陸上自衛隊 特殊作戦群(SOG)




■ 受講料
2日間 60,000円(税込)

■ 定員
30名

■ 受講制限
公務員(下記いずれかに該当する方)
・自衛官
・警察官
・海上保安官
・麻薬取締官
・政府関係者

一般の方(下記いずれかに該当する方)
・田村装備開発 年間会員 (年末に受付をしている、一年間全ての訓練が無料になる会員です)
・特別訓練カード 利用者 (年末に受付をしている、特別訓練福袋に入っている回数券です)
・RBT上級以上

■ メディア
不可(取材等お受けしません)

■ 記録
メモ:可
ビデオ撮影・写真撮影・録音:不可
※撮影は弊社が行い、モザイク処理をした上で、希望者に記念写真をお送りします。


■ 訓練詳細

初日:特殊戦技訓練

・訓練時間
10時00分〜21時00分(昼休憩1時間・小休憩含む)

・講師
田村 忠嗣・長田 賢治・unknown

・内容
潜入(特殊) : 各種技能・機材を利用した陸地・高所における潜入・戦闘技術
CQC : 近接格闘
ロウライト(応用) : 低照明下における戦闘(座学・個人戦技・連携戦技)


二日目:特別講師訓練

・訓練時間 
10時00分〜19時00分(昼休憩1時間・小休憩含む)

・講師
伊藤 祐靖 先生

・内容
現在伊藤先生と調整中ですが、射撃及びCQBに関わる座学・実習を軸に考えております。

・懇親会 
訓練終了後、希望者を募り懇親会(別途費用)を行います。






2 田村装備開発 年間会員

本年も「年間会員」&「福袋」の季節がやってきました。

一年間の感謝の意を込めまして、

今年も優れた製品をどんどん入れます。ご期待ください (^ ^)


今回は、福袋と同時に受付を開始する年間会員のご紹介です。




年間会員は、

1年間、弊社のトレーニングを、無料・無制限でご参加頂ける制度です。

※受講制限を設けている特別訓練も全て受講頂けます。

その他、非売品のプレゼント・田村装備開発製品の割引(最大30%)等、様々な特典がありますので、定期的に訓練にご参加される方には大変オススメです。

年に一度お申込み頂ける、大変お得な制度ですので是非ご検討下さい。


■ 会員説明

〇 会費 (1年間)

・田村装備開発 訓練年間会員 324,000円 (税・送料込み)


〇 お申込受付期間 :平成29年11月25日~平成29年12月25日まで

※ 募集人数に限りがございますので、規定人数に達した場合は先着順となります。ご了承ください。



〇 有効期限 : 平成30年1月1日~平成30年12月31日 



〇 会員内容(会員様のみ有効、ご同伴の方には適用されません)


(1) 訓練代金無料

土日祝日開催の、定期訓練 及び 特別訓練を、1年間、無料・無制限でご参加頂けます。

※ 受講制限付きの特別訓練も全て無料でご参加頂けます。

※ 貸切訓練、出張訓練は含まれません。

※ 訓練時の食費、懇親会費など実費分はご負担いただきます。


(2) 田村装備開発製品 割引制度

会員期間中、田村装備開発製の製品を割引致します。

割引額は、継続年数で変わります。

・1年目  10%OFF
・2年連続 15%OFF
・3年連続 25%OFF
・4年連続 30%OFF

※ ご購入の際、年間会員である旨と継続年数をお伝えください。
※ 他社製品には適用されません。
※ 在庫品に限ります。


(3) 徽章

田村装備開発の徽章をお送りします。

継続年数でカラーが変わります。


1年目 ブロンズ


2年目 シルバー


3年目 ゴールド


4年目 ブラック


(4) 非売品

2年以上継続の方にプレゼントいたします。

1年目 無し
2年目 田村装備開発製品 (非売品)
3年目 田村装備開発製品 (非売品)
4年目 田村装備開発 SHIELDライン (一般販売していない製品です)

※ 平成30年10〜12月頃 お送りいたします。


(5) T-MOUT 平日貸切 無料券

弊社のサバイバルゲーム部門、

T-MOUTの平日貸切(通常10名様まで25,000円)の 無料券を3枚(計75,000円分)をお送り致します。

※ 10名様まで無料になる券です。以降はお1人様2,500円頂戴致します。
※ 貸切ですのでタクティカルトレーニング等を開催して頂いても構いません。



※ 年間会員のお申込み制限 ※

(1) 17歳以下の方は、お申込みできません。

(2) 日本国籍を有しない方は、お申込みできません。

(3) 日本語をご理解頂けない方は、お申込みできません。
   (円滑な進行・事故防止の関係上、日本語をご理解頂けない方はご参加頂けません)



※ 補足説明

・SHIELDラインとは

年間会員を4年連続でお申込み頂きました方へお贈りする、SHIELDラインについてご説明致します。
SHIELDラインは、弊社製品の中で特に高品質な製品か、官庁のオーダーメイド製品のラインです。


日本国旗 ・ 八咫鏡 ・ 八尺瓊勾玉 ・ 草薙剣をモチーフとしております。
(2つのロゴがありますが、内1つのご紹介です)


・会員証につきまして

年間会員の方に徽章をお送り致します。
継続年数で、ブロンズ ・ シルバー ・ ゴールド ・ ブラックの順に変わります。

※ 会員期間が過ぎても徽章のご返却は必要ありませんが、訓練・サバイバルゲーム無料、田村装備開発製品割引、その他の会員特典につきましては、会員期間のみ有効です。



会員証のご利用方法

1 訓練参加

  徽章をご持参下さい。1年間、無料・無制限にて各種訓練を受講頂けます。


2 田村装備開発製商品の割引

  店頭販売・・・商品購入時に徽章をご持参下さい。
  ネット通販・・・通信欄にて会員である旨をご連絡下さい。

  割引価格(1年目10%OFF、2年目15%OFF、3年目25%OFF、4年目30%OFF)にて、田村装備開発製の商品をお買い物できます)


■ 商品発送日
  平成29年12月27~29日


■  会員証 到着日
   平成30年1月・・・・1日 ・ 2日

※ご購入の際、配達希望日を上記からお選び下さい。
      (冬季休暇の関係で、他の日にちはご対応できません)
ご指定が無い場合は、1月1日を発送指定日にしてお送り致します。
      (交通状況により到着の遅れが発生する場合がございます)



来年度も、高度な特別訓練や、特別講師を招聘したトレーニングを企画しておりますので、

弊社の訓練を片っ端から受講される方には、とてもお得です。


いままで銃器を取り扱った事が無い方、ロープ降下の経験や、格闘経験の無い方、全く問題ございません。

1年間通って頂ければ、誰もが高度なスキルを身に付ける事が可能です。


是非ご検討ください( ^ ^ )!


お申し込みは こちら から(11月25日にカートがUPされます)

次回ブログで福袋のご連絡をいたします!

以上、よろしくお願い致します( ^ ^ )



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453


  


Posted by 田村 忠嗣  at 16:53Comments(0)装備品ブログトレーニング