スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年08月09日

古田清人 6

田村装備開発です。

申し訳ありません。更新が滞りましたmm

前回の続きです(^^ゞ


古田清人 6




千早さんは誠実で聡明であり、心の温かい人でした。

私たちは1938年に蒼龍で初めて会ったのですが、

その後3年間赤城に乗船するまで一度も会っていませんでした。

彼は真珠湾攻撃でも私のパートナーでした。

赤城の同士であった阿部善次は千早大尉の思い出を次のように語っています。


彼は海軍兵学校の第62期で、私より二歳先輩でしたが一番中の良い人でした。

私たちは二人とも約一年赤城の分隊長でした。

千早大尉は中肉中背で丸顔、目がとても澄んでいました。

彼は温厚な紳士ですが口数の少ない人でした。

彼は62期の中で、私が最も尊敬する人の一人でした。

彼は1944年6月11日にマリアナで戦死しました。彼は死後に2階級上の大佐の称号を与えられました。”


千早大尉と共に飛ぶ飛行士として千早大尉の飛行機を操縦する責任は非常に大きく、

任務を完了するために必要なあらゆることを準備しておく必要がありました。

訓練期間の最後に、

真珠湾攻撃の参加候補である私たち全員は艦爆隊の総司令官である江草隆繁少佐のリードのもとに飛行しました。

急降下爆撃の攻撃シュミレーションは仮定の標的として設定された佐伯湾で行われました。

この訓練の完了により隊は”戦時編成”に移行しました。

私は嚮導機を操縦し、航空母艦に最初に着艦します。赤城が私の新しい住処となり、私たちは日本本土を離れました。

次回に続く






田村装備開発(株)

商品HP www.tamurasoubi.co.jp

訓練HP www.tamurasoubi-training.com

  
タグ :古田清人


Posted by 田村 忠嗣  at 11:41Comments(0)ブログ

2014年08月06日

残り僅か!

田村装備開発です。


ポロシャツ、想像以上の人気です(^^)

有難うございますmm




大目に入荷したはずが、販売から1週間で、

残り、

SS 5

S 20

M 3

L 0

LL 2


です。

次回入荷は未定ですので、お求めの方は、お早めにご注文下さいmm



古田 清人 5




前回の続きです

1937年12月、私は日本に戻り、航空母艦 蒼龍に異動しました。

私たちは毎日、とても厳しい航空母艦への着艦訓練を行いました。

訓練終了後、私たちは飛行機を母艦に乗せ、東シナ海に向かいました。

私たちの母艦は東シナ海を拠点にし、中国本土を標的とした攻撃を行いました。

私は数百回の攻撃を行い、敵の重要拠点を次から次へと破壊しました。

例えば、私たちは香港とその周辺の様々な都市を攻撃しました。

蒼龍に乗船中、私ははじめて分隊長阿部さんの飛行士として選ばれました。

一年間私たちは太平洋を超えて様々な場所に飛行しました。

私は隊の先頭を飛ぶ飛行士となり、さらに飛行技術を磨いてきました。

1939年12月15日から、佐伯海軍航空基地で九九式艦爆に習熟するための訓練を開始しました。

その後、鈴鹿海軍航空基地で飛行教官という任務を与えられ、

1941年秋まで教官の任務を遂行し、その間に私は結婚しました。

ある日、海軍の使者が私を訪れ、

航空母艦赤城で千早大尉のパートナーとして飛行することになることを伝えられました。

1941年10月8日、私は正式に赤城に配属されました。

その時千早さんは九州宮崎にある富高海軍航空基地に所属していました。

彼は富高で訓練している急降下爆撃の航空士のリーダーでした。


続く





田村装備開発(株)

商品HP www.tamurasoubi.co.jp

訓練HP www.tamurasoubi-training.com

  


Posted by 田村 忠嗣  at 19:27Comments(0)オリジナル製品ブログ

2014年08月05日

吉田清人 4

田村装備開発です。

前回の続きです(^^)




吉田 清人4

日本の大村では第十三航空隊が結成されました。

私の隊と第十三航空隊は急降下爆撃を行いました。

私たちは最初に南京を攻撃しました。

そして大規模な日本兵の部隊が上海に上陸し、上海を占領しました。

私たちの任務は地上部隊に先駆けて空から攻撃を行うことでした。

しかしながら、戦闘地域は拡大の一方で、毎日私たちは上海から飛び立ち、任務を果たして帰還しました。

最初の基地である公大は臨時的なもので、後に設備が整い多くの飛行機がある別の航空基地に移りました。

その後も何度か航空基地を移り、最終的に、市が占領された後の南京に移動しました。

南京の多くの航空基地を占領し、

飛行士は日本の陸軍の作戦を援護するため数えきれないほどの戦闘任務を遂行しました。

それでもなお、私たちは中国本土のすべての軍隊を壊滅することはできませんでした。

私は南京攻撃の際は江草隆繁中尉と同じ飛行機でほぼ毎日飛びました。

その年の12月、私が隊を去ることになり彼とも別れました。

江草さんは海軍における急降下爆撃の権威で、第二次世界大戦の真珠湾攻撃で九九式艦爆の隊を率いました。





田村装備開発(株)

商品HP www.tamurasoubi.co.jp

訓練HP www.tamurasoubi-training.com
  

Posted by 田村 忠嗣  at 10:44Comments(0)ブログ

2014年08月03日

背中 & 古田清人3

田村装備開発です(^O^)

本日は、ポロシャツの紹介と、大伯父の紹介(前回の続き)です。


1 ポロシャツ



長田部長の背中です。

マークが3つとも綺麗に写りました(^O^)



昨日は、タッキー(ラペリング上級)が飛び出しハングを練習していました。

なかなか良い感じです(^^)




2 古田清人 3





中国での飛行

1930年代の間、中国と日本の関係は非常に緊迫した状況でした。

日本は領土を拡大し、経済的に強くなりたいと考えていました。

さらに、隣接する中国を見ながら日本は満州を占領し、傀儡国家としました。

そして1932年1月18日、上海で暴動が起き、日本からいくつかの部隊が近くに上陸しました。

数年の間緊張が続くとともに状況は悪化していき、

1937年7月7日に北京の南西にある盧溝橋の近くで日中間の小さな戦いが起きました。

その事件の後、二国間で戦争が始まりました。

私たちは飛行訓練を続け、急降下爆撃や砲撃、通信の訓練を1937年7月まで行いました。

そして1937年7月7日、中国との戦争がはじまり、全ての兵力が戦時体制下に置かれました。

私の部隊は第十二航空隊として知られており、私は戦争が始まってわずか5日後にそこに参加しました。

私たちは飛行準備をし、8月に中国、上海に向かいました。

上海には公大(クンダ)飛行場という、日本の技術者が上海大学の敷地に作った新しい飛行場がありました。

近くにはゴルフコースもあり、私たちはその二つの場所を拠点として利用しました。

日本の海軍航空隊は戦争が始まってから次々と組織され、私たちの隊はその中の一つとなりました。

中国では、日本の地上部隊は壊滅寸前で、戦況は非常に悪化していました。

彼らを援護するため、数えきれないほどの戦闘部隊が飛行し、中国軍を空から壊滅しようとしました。

もともと南京は中国の首都で、私たちは敵の航空基地を攻撃するためによくそこへ行きました。

地上にある中国の飛行機を破壊し、中国に対し空の支配権を奪うことは容易なことでした。

(次回に続く)






田村装備開発(株)

商品HP www.tamurasoubi.co.jp

訓練HP www.tamurasoubi-training.com
  


Posted by 田村 忠嗣  at 11:52Comments(0)オリジナル製品ブログ

2014年08月02日

古田清人 2

田村装備開発です。

大伯父の連載、想像以上に反響がありました(^^)

有難うございます。

勤務日はできるだけ更新していきます。宜しくお願い致します(^O^)


1 古田清人 2



前回の続きです。


海軍の初期

私は1914年10月12日に徳山市で生まれました。

今は山口県周南市と呼ばれています。

家族には男の子3人、女の子3人の6人の子供がいました。

私は長男です。

1931年に呉の海軍に入りました。国のために何かをしたかったからです。

そこにいる間、基本的な訓練をし、1934年11月15日に戦艦神州に乗りました。

1936年1月21日に、32期目の飛行士養成クラスの一員として飛行訓練を開始し、

それは7ヶ月続きました。

7月の卒業の後、私たちは九四式艦上爆撃機(連合軍コードネームはSusie)

を使用した急降下爆撃の特別訓練を受けました。

私のクラスからは私を含み5名が、佐伯海軍航空隊に異動しました。

分隊長は小牧一郎大尉で、彼は数年後連合艦隊の航空参謀となります。

江草隆繁中尉は同じ隊の一員で、11月に大尉に昇格し、小牧一郎大尉の後任として分隊長となります。

私は江草の隊と共に一年間飛行しましたが、彼は大変恐れ知らずのリーダーだと感じました。

江草中尉はとてもおおらかな人柄であるとともに、非常に優れたパイロットでした。


続く



2 クナイ入荷



入荷致しました!

2本在庫ございます。宜しくお願い致します(^^)







田村装備開発(株)

商品HP www.tamurasoubi.co.jp

訓練HP www.tamurasoubi-training.com
  


Posted by 田村 忠嗣  at 10:24Comments(3)ブログ