2017年08月26日

64・89式小銃用LAS 装着方法

田村装備開発です。

本日18時より、

64・89式小銃用LAS (ライト アタッチメント システム)

のご予約受付を開始致します。

お申込みは こちら から (本日18時にカートが設置されます)


製品の価格・詳細は↓のブログをご参照下さい。












では、本製品の装着方法をご説明致します。


内容物
 


上 64・89式小銃用LAS 本体 (以下LAS)

中 固定用ゴム (本製品に付属しております)

下 タクティカルライト (ライトは付属しません)


装着方法

1 被筒部前端上部にLASの滑り止め部分を当てます



2 ベルトを巻き、角カンに通します



3 ベルトを折り返して、マジックテープにとめます




4 固定用ゴムをタクティカルライトに巻きつけ、写真の位置に置きます





5 ベルトをライトに巻きつけ、角カンに通します





6 ベルトを折り返し、マジックテープでとめます





補足

1 様々なライトにご使用いただけますが、細すぎるもの、太すぎるものには装着できません。
  写真のライトは全て装着できます。




2 左利きの方は、被筒部前端下部にLASの滑り止め部分を当てますと、反対側に装着できます。


以上、どうぞ宜しくお願い致します( ^ ^ )/



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp


田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453





同じカテゴリー(オリジナル製品)の記事画像
今年も福袋やります!
SUP-M2、SUPWご予約ありがとうございました!&大阪出張訓練
SUP-M2、SUPWの予約受付開始します!&大阪出張訓練
SUP-M2&SUPW 予約開始日、発売日決定しました^^
出張訓練in大阪 決定&SUP-M2、SUPW作ってます!
Releasable Emergency Panel (REP) 本日より販売開始&メルマガ登録について
同じカテゴリー(オリジナル製品)の記事
 今年も福袋やります! (2018-11-13 17:06)
 SUP-M2、SUPWご予約ありがとうございました!&大阪出張訓練 (2018-10-31 20:05)
 SUP-M2、SUPWの予約受付開始します!&大阪出張訓練 (2018-10-28 17:06)
 SUP-M2&SUPW 予約開始日、発売日決定しました^^ (2018-10-26 20:03)
 出張訓練in大阪 決定&SUP-M2、SUPW作ってます! (2018-10-25 19:08)
 Releasable Emergency Panel (REP) 本日より販売開始&メルマガ登録について (2018-10-18 18:05)

Posted by 田村 忠嗣  at 12:31 │Comments(2)オリジナル製品装備品

この記事へのコメント
本日購入させていただきました、お手頃な割にはライトが装着しやすくイイ感じなんですがコレ、実銃だと発砲してたら被筒部が熱を持ってきたりした時にベルトのナイロン部分が溶けてきたりしないでしょうか?自分はサバゲーでエアガンに使う予定で今のところ訓練に使う気はないのですが・・・、

あと64式に使う場合もだいたい同じ要領で装着すれば良いのでしょうか?
Posted by SIN at 2017年10月08日 23:28
すみません、ブログを確認しておらずご連絡が遅くなりましたmm
ご購入下さり、誠にありがとうございました。

早速ですがご質問にお答えします。

1 熱の関係
被筒部がナイロンを溶かすほどの熱を持つような射撃(フルオートを続けるなど)をした場合は溶けると思います。
ただ、自衛隊の中でも特に弾数を撃っている部隊員が、実銃に使用しても数年間全く問題無いとのことでした。


2 64式小銃の場合
89と同じように使用できます。
Posted by 田村 忠嗣田村 忠嗣 at 2017年11月02日 19:35
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。