2018年06月14日

自衛隊説明会・無差別殺傷事件 制圧 他

田村装備開発です。


本日は、下記3点ご連絡致します。

・自衛隊説明会 受付を開始させて頂きます

・無差別殺傷事案 制圧1

・全国出張訓練 更新

 
宜しくお願い致します。



1 自衛隊説明会 受付を開始させて頂きます。




先月末にご連絡をさせて頂きました、

自衛隊 採用説明会

につきまして、日程が確定致しました。


本日19時よりお申し込みの受付を開始させて頂きます。


お申し込みは こちら から (本日19時に受付カートが設置されます)



■ 自衛隊採用 説明会

開催日  : 8月4日(土曜日) 10時〜12時


集合時間 : 8月4日(土曜日) 9時30分〜10時


説明   : 防衛省 埼玉地方協力本部


会場   : 埼玉県東松山市大谷4453 田村装備開発 株式会社 本社 TEL0493-36-1255


•説明会の参加対象者
※ 志望となっておりますが、ご興味さえあればご参加頂けます。

・自衛官 志望
 18歳以上〜27歳未満

・予備自衛官補 志望
 18歳以上〜34歳未満

・予備自衛官、即応予備自衛官 志望
 元自衛官 及び自衛官を退職予定の方



本日19時より、弊社HPにて受付を開始させて頂きます。


ご本人様だけでなく、是非ご家族の方も御同伴頂けましたら幸いです。


お茶をご用意しますので、リラックスしてお聞きし、

説明内容にご不明な点がありましたら、お気軽に担当官にご質問ください。



なお、定員に達した場合、受付を終了させて頂きますのでご容赦ください。




お申し込みは こちら から (本日19時に受付カートが設置されます)

※ 製品販売用HPでの受付ですので、システム上送料等が加算されますが、一切費用はかかりません




なお、説明会にご参加される皆様を応援させて頂く目的で、

ご希望の方には、田村装備開発が無料講習を行います。

講師は、弊社

長田 賢治(元陸上自衛隊 特殊作戦群 第1期生)

が担当します。

体力等は必要必要ありません。お気軽にご参加ください。

※ 講習は説明会に参加される方のみご参加頂けます。


本説明会の詳細は↓をご覧ください















2 無差別殺傷事案 制圧1

一昨日から書いております、

無差別殺傷事件

の危機管理対策につきまして、非常に多くの方から続きのご要望を頂きました。


万一の備えとしてご活用頂きたく思いましたので、第3回目は制圧について説明致します。

※ 長文になりますので、数回に分けます。


第一回、第二回は↓をご覧ください。












※下記につきましては、あくまでも弊社の考えですので、他の方のご意見を批判するものではございません。良いと思えば採用し、悪いと思えばお忘れください。


前回は、

犯人の攻撃対象が他人であった場合

を例に書きました。


そのような場合、

前回のブログでご説明しました通り、奇襲をかけることは比較的簡単であり、合理的です。




今回は、

犯人の攻撃対象が自分であった場合はどうするか

についてご説明致します。



まず初めに、少々脱線しますが、昨日私のFacebook上で、

過剰防衛

についてご質問がありました。


細かく書くと長文になってしまいますので、簡単にポイントを説明致します。


まず正当防衛の要件である、

・ 急迫性
  権利(生命・身体・財産など)侵害が切迫している

・ 不正の侵害
  相手に違法性のある権利侵害

・ 防衛の意思
  不当な侵害に対する防衛の意思(積極的な加害は防衛の意思を否定されます)

・ 防衛行為の必要性
  その行為の必要性(逃走できる余地があるのに攻撃したりすると否定されます)

・ 防衛行為の相当性
  侵害を回避するための行為が、防衛する上での必要最小限であるか

が満たされていることが大切です。


上記にある、防衛行為の相当性と過剰防衛は密接に関係しています。


なお、権利侵害である、

生命・身体・財産 など

の大きさはイコールでは無く、

生命 〉 身体 〉 財産

とされています。

この点をおさえておいて下さい。


例えば、

中学生位の不良少年にカツアゲをされたとします。

不良少年は素手で、殺意は抱いていない感じです。

逃げようと思えば逃げられるし、軽く叱ってその場を去ることもできます。

しかし、イラっとしたので首を折りました。

上記の要件を当てはめてみてください。

誰が見ても過剰防衛になります。



では次に、

殺意をもって金属バットを振り回している男がいます。

急迫不正の侵害であり、

袋小路のため逃げることもできません。

防衛の意思をもって、近くに落ちていた大きな石を手にとり、

相手の頭を砕き死亡させました。


この場合、どうなるでしょう?



一見、正当防衛になりそうですが、過剰防衛にもなり得ます。


どういうことかと云うと、


相手は誰ですか?


が重要です。



殺意をもった男が、

・ 体格の小さい、小学1年生くらいの子供

・ 筋骨隆々の成人、プロレスラーみたいな男


では、その脅威が全く違います。


いくら殺意を持っていたとしても、

小学1年生くらいの子ならバットを取り上げて叱ってあげるべきですね。


しかし、


相手が筋骨隆々のプロレスラーみたいな男が相手では、

手加減する余裕はありません。

自分の命を守るために必死に行った行為であれば、

たとえその結果が「相手の死亡」でも正当防衛が認められることでしょう。


ただし、その判断は、様々な状況を踏まえた上で当局が行います。

あくまでも参考までにして下さい。



では、本題に戻ります。


犯人の攻撃対象が自分であった場合、奇襲をしかけるのは困難です。

しかし、不可能というわけではありません。


例えば、


犯人が「一足一刀の間合い(一歩踏み込めば攻撃が当たる間合い)」の場合は使えませんが、

相手との距離に余裕がある場合は、犯人の後方に手を振りながら、


「おまわりさん 助けて!!」


と叫んでみるのも一つの手です。

犯人が振り返った瞬間に「逃走する」か逃走できない状況なら「攻撃する」これも相手の不意をつけます。



では、


「逃げれない」・「不意もつけない」


場合はどうするか、


正面から戦う


しかありません


逃げられない状況で、相手に背を向けるのは危険です。


しっかり立ち、戦わなければなりません。



※ 下記は、戦闘訓練の未経験者を対象に書きます。


刃物対処における重要なポイントは、

致命傷となる部位を守り、他の箇所は捨てる

ことです。



多くの方は、刃物で攻撃をされた場合、

どこも切られないこと

を目的として行動します。


それにより、

もっとも守るべき部位にスキができ、致命傷となる部位に攻撃を受けます。




攻撃されてはならない部位は、

・正中線

・目・耳・口・顎への突き刺し等による脳幹の負傷

・首

・僧帽筋と鎖骨と首を結ぶ三角形

・左右鎖骨中線から肋骨の下部を結ぶ四角

・体の内側(脇の下・色を付け忘れましたが鼠蹊部 等)

これらを負傷すると、即死(脳幹)または生存率が著しく低下します。

上記は必ず守ってください。


手を切られるのが嫌でバランスを崩してしまっては元も子もありません。

切られても即座に死に至らない部位で防御し、致命傷となる部位を必ず守ること

そこが大切です。


刃物相手に華麗に敵の攻撃を捌き、無傷で戦いを終えることなど、未経験者にはほぼ不可能です。


死なないことを目的として、他を捨てることが大事です。
(もちろん、腕に自信のある方は、あえて負傷する必要はありません。綺麗に捌き制圧してください。)


防御に使う部位は、

前腕の外側

です。



斬られて痛みを感じても、そこは我慢です。

すぐに死ぬことはありません。

さっさと犯人を制圧して、止血すれば良いのです。
 (血をサラサラにする薬を飲んでいる方は出血が止まりにくいのでご注意ください)



長文にお付き合いくださり有難うございました、

好評でしたら次回に続きます。




3 全国出張訓練 情報更新

8月から予定している全国出張訓練につきまして、情報更新いたします。


■ 訓練内容
 当初、全箇所で同じ訓練を開催する予定でしたが、ご要望により各所異なる訓練を行う予定です。

 近接戦・市街地戦・野戦・ロウライトテクニック・護身術・戦術座学 等 


■ 開催日・場所

※ 「決定」以外は予定ですので変更の可能性がございます。


■ 福岡県
8月19日 決定
「TACTICS FIELD」 
福岡県福岡市東区多の津4丁目5−12 LIZビル3F 

■北海道
9月29日 決定 
日中「有明ベース」 
北海道札幌市清田区有明

夜間「UPPER'S」 
北海道札幌市南区定山渓温泉西1丁目1

■広島県
10月13日 決定
「インドアフィールド Arum」 
広島県広島市安佐北区小河原町204−7
    
■茨城県
10月27日 決定
「Airsoft game park libra」 
茨城県龍ヶ崎市馴馬町754 

■香川県
11月17日 決定
「ラグナロク サバイバルゲームフィールド」 
香川県善通寺市生野町2884ー6

■大阪府
12月1日  
(調整中)SSJに合わせて行う予定です。

■愛知県
1月19日 決定
「インドアサバゲーフィールド ハッスル」
愛知県豊橋市大村町大溝20

■京都府
2月23日 決定
「Apex Field」 
京都府亀岡市大井町小金江岐4−1 エイペックステックセンター2階

・3月23日  名古屋 → (九州に調整中)

・4月13日  富士(調整中)

・5月18日  茨城(調整中)

・6月22日  仙台(調整中)

・7月20日  新潟(調整中)


※ 全ての開催地が決まりましたら、受付を開始させて頂く予定です。
  1月以降はまだ調整中ですので、開催地をご存知でしたらご紹介ください。



以上、よろしくお願い致します。



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453


  


Posted by 田村 忠嗣  at 17:54Comments(4)ブログその他トレーニング

2018年06月13日

無差別殺傷事件 対策

田村装備開発です。


本日は久々の晴天で、

TTCも多くの方々がご利用下さいました。

ありがとうございましたmm


今回は、2点ご連絡致します。




1 無差別殺傷事件 対策


昨日書きましたブログの反響が大きく、続きを希望されるお声が多数ありました。

少しずつですが、日本でも危機管理への関心が強まっているのかもしれません。



東海道新幹線内での無差別殺傷事件、

被害者の梅田耕太郎様につきましては、大変勇気ある行動をされました。

梅田様の行動により、数多くの命が救われたことと思います。

心よりご冥福をお祈り致します。



この様な事案があった際、どの様に行動すれば被害を最小限にできるのか、

私共の経験をもとに幾つかポイントを説明いたします。



戦闘に関わる訓練経験の無い方を対象に記載します。

ご参考頂けましたら幸いです。



前回同様、下記はあくまでも弊社の考えですので、他の方の考えを批判するものではございません。
良いと思えば採用し、悪いと思えば忘れて下さい。



昨日のブログ内容と重複しますが、

警戒を怠らないことにより、

不意に攻撃をされることは少なくなります。



これは不意打ちを避けるポイントであると同時に、広義にマインドセットの一つでもあります。

気が緩んでいる状態から、戦闘態勢に移るには時間(人により異なりますが、コンマ数秒〜数秒)を要します。

コンマ数秒〜数秒と云うと、スキは少ないと感じられるかもしれませんが、

生き死にの現場では、コンマ数秒の差が生死を分けます。


くどい様ですが、このポイントを抑えなければ、その後の技術を使う間も無くやられてしまうのです。

大切な理論ですので是非おさえておいて下さい。



では、上記を前提とし、

「逃走できない」または「誰かを助けなければならない」場合、

敵と戦わなければなりません。


戦うと決意した場合、オススメできないことは、

正々堂々と戦う

ことです。


命をかけた戦いはスポーツではありません。

「私は正々堂々戦いました、けど負けました」

では済みません。


負け = 死につながります


正義の味方になる必要はありません。卑怯でもよいのです。


スポーツで云えば卑怯な行為でも、実戦では戦術的に優れた行為になります。

「必ず勝つこと」(自分の身を守る・他人を助ける・敵を制圧する これらが含まれます)

その目的を達成する上で、最も合理的な行動を選択しなければなりません。



具体的に、相手よりも優位な状況を作るには、

・敵の不意をつく

・地理的優位にたつ

・武力の優位性(身の回りの物を有効活用するなど)


これらが大切です。


例えば、敵の不意をつくにはどうするか?


不意とは、「おもいがけないこと・突然 等」です。

つまり敵が自分に「気が付いていない場合」は不意になります。



では、気とはなにか。

と聞かれても、殆どの人はピンとこないと思います。


しかし、日本は古来より気の文化といわれており、

「気が付く」

「気持ちが悪い」

「気が散る」

「気がある」

「意気消沈」

と云ったように、気という文字を日頃から使っています。


この「気」ですが、現在でも戦いの分野では重要視されています。

「気が付く」=「気が何かに付いている状況」

相手が何か一点に集中している状況を利用したり、

無理やり作り出したりすることは、プロの間では常識とされる戦術・戦技です。


では、初心者の方でも実用可能な具体例を説明します。


犯罪を犯す者(特に人を殺傷する様な状況)は、その多くが交感神経優位であり、興奮状態にあります。
 (※絶対ではありません。戦闘職種の多くは冷静です。その他、落ち着いて犯行に及ぶ者もいます)


その場合、視野は狭く一点に集中しやすい状態(トンネルビジョン)になります。

完全に気が一点に集中しており、周りが殆ど見えていない状況です。


パッと見て、

敵がかなり興奮している状態

であれば多くの場合は当てはまります。


敵が上記の状態であった場合、

不意をつくのはそれほど難しくはありません。


では、「正々堂々と戦った場合」と「不意をつく場合」について、例を基にご説明します。


A=犯人 : B=被害者 : C=救助者




例1:正々堂々戦った場合


Aが犯人に襲われそうな状況



BがAを助ける為、犯人に制止(やめろ・ナイフを捨てろ 等)を呼びかける



犯人がBに気づく



犯人がBを刺す




その後、犯人がAを刺す




本例の場合、

Bは、声を出して制止しようとしたため、犯人に気付かれ、正面から戦うことになりました。


多くの方は、誰かが襲われそうな場合、

「動くな」「やめろ」「ナイフを捨てろ」

等と言いたくなりますが、それができるのは戦闘技術を有する者です。

(※ 特に訓練をしていない者同士の場合、素手と刃物では圧倒的な戦力差が生まれます)



警察官等の公務員であれば、今まさに国民の生命が奪われそうであれば、

いち早く制止の呼びかけをし、犯人の気を自分に向ける必要があります。

それは、自分の命よりも、国民の生命を守ることが優先されるからです。

その為、犯人制圧に関わる様々な技能を習得するわけですが、

経験の無い一般の方が、刃物相手に正面から戦うのは非常に危険です。




例2:不意をつく場合


犯人がAを襲おうとしている状況



Bは声を出さずにAに近寄る



背後から奇襲する




本例の場合、奇襲が成功しています。


犯人はAに「気が付いている」状況であり、

且つ、列車内であれば走行音や、他の乗客の悲鳴などにより、Bの足音も「気付かれ難い」状況です。


相手の気をこちらに向けさせずに急襲する。

ダイナミックエントリーの要件として大切なサプライズ性と同じですね。


ご参考頂ければ幸いです。



要望が多ければ、続きとして戦闘技術を書きます。






2 全国出張訓練 情報更新

8月から予定している全国出張訓練につきまして、情報更新いたします。


■ 訓練内容
 当初、全箇所で同じ訓練を開催する予定でしたが、ご要望により各所異なる訓練を行う予定です。

 近接戦・市街地戦・野戦・ロウライトテクニック・護身術・戦術座学 等 


■ 開催日・場所

※ 「決定」以外は予定ですので変更の可能性がございます。


・8月19日 決定
 「TACTICS FIELD」 福岡県福岡市東区多の津4丁目5−12 LIZビル3F 

・9月29日 決定 
 日中「有明ベース」 北海道札幌市清田区有明
 夜間「UPPER'S」 北海道札幌市南区定山渓温泉西1丁目1

・10月13日 決定
 「インドアフィールド Arum」 広島県広島市安佐北区小河原町204−7
    
・10月27日 決定
 「Airsoft game park libra」 茨城県龍ヶ崎市馴馬町754 

・11月17日 決定
 「ラグナロク サバイバルゲームフィールド」香川県善通寺市生野町2884ー6

・12月1日  大阪(調整中)SSJに合わせて行う予定です。

・1月19日  長崎 → 開催場所変更予定(調整中)

・2月23日  京都(調整中)

・3月23日  名古屋(調整中)

・4月13日  富士(調整中)

・5月18日  茨城(調整中)

・6月22日  仙台(調整中)

・7月20日  新潟(調整中)


※ 全ての開催地が決まりましたら、受付を開始させて頂く予定です。
  1月以降はまだ調整中ですので、オススメのフィールドをご存知でしたらご紹介ください。



以上、よろしくお願い致します。



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 18:45Comments(6)オリジナル製品ブログトレーニング

2018年06月12日

無差別殺傷事件の取材を受けました


田村装備開発です。

今回は2点更新いたします。



1 無差別殺傷事件


昨日の夕方、

東海道新幹線の無差別殺傷事件についてサンケイスポーツ様より取材を受けました。


ご興味のある方は今朝発売のサンケイスポーツをご覧ください。

約40分の電話取材でしたが、紙幅の関係上、文字数はあまりありません。

しかし、最も伝えたい部分を書いて下さったので良かったです。



本事案につきまして、様々な専門家がコメントをしておりますが、

素晴らしいと思うものから「あれ?」と思うものまで様々でした。



いつも本ブログをご覧くださる皆様へ、

弊社なりの危機管理について少し書いてみようと思います。




以下は弊社の考えですので、他の方のご意見を批判するものではございません。
良し悪しはご自身で判断し、良いと思えば参考にし、悪いと思えば忘れて下さい。



今回の事案に限らず、様々な場面で云えることは、

日頃から警戒する

ことです。



「今回の事件のように、突然襲われたらどうしますか?」

といったご質問をよく受けますが、

「襲われた後にどうするか」よりも「突然襲われない努力」が必要なのです。



格闘スキルを高めることは大切です。

座席を盾にするといった知識も必要になることがあるかもしれません。
※ 数メートル先に刃物を振り回す男がいる状況で、座席など外す暇があるでしょうか?
  時間的・場所的に余裕がある場合に限ります。実際に使える場面は限られるでしょう。



しかし、最も大切なことは、

「危険を早く察知する」ことなのです。


不意打ちをくらえば、プロアマ関係なくやられます。

したがいまして、不意にならない事が大切です。


その前提で、

逃げるか、戦うかを選択するのが肝要であり「やられたからどうしましょう」では遅いのです。



日本は世界的に見て平和な国です。だからこそ油断してしまいます。

テロの多い国では、常に他人同士が警戒をし合っています。

不自然にお腹が膨らんでいる者(爆発物を隠している可能性)や挙動がおかしい者がバスや電車に乗ってきた場合、乗客の殆どは、常にその者を監視し不意打ちをされないように心がけています。


いっぽう日本では、

他人に無関心、最近ではスマートホンにしか気が向いていない人が大多数です。


まずは、他人に関心を持ち、初動を早くすることにより危機から逃れられる可能性が高まります。



場所的、時間的にみて逃走が不可能である場合、または、襲われている人を助けたい場合はどうするか、

戦闘技術を高めるしかありません

刃物を持った相手を制圧するのは、大多数の人が想像するより遥かに難しいことです。


刃物を持つということは、犯人の練度は別として、その一撃一撃は殺傷力をもっています。

たった一撃でも、箇所によっては致命傷になるため、付け焼き刃では痛い目をみます。

ご自身が良いと思う先生を見つけ、しっかりと身体にしみこませるなければなりません。



一点だけ、素人にありがちな危険な行為を書きます。

亀の姿勢(うずくまり両手で頭部を守る)になること です。



多くの人は、攻撃を受けたり強い恐怖を感じると、咄嗟に亀の姿勢をとり急所を守ろうとします。

この姿勢は、防御の姿勢として最適と論じられることがありますが、私共の感覚では、

非常に危険な姿勢です。


亀の姿勢をとった場合、

多少の時間稼ぎはできるかもしれませんが、やられ放題です。

逃げることも反撃することもできません。

そんな状況で犯人の攻撃が止むタイミングは、

「犯人が制圧されるか飽きた時」

です。

亀の姿勢


やられ放題





※参考

座席を盾にする場合、時間的・場所的に余裕がない状況で行うと危険です。

犯人が刃物をだす


座席を外している間に刺される




簡単ですがご参考頂けましたら幸いです。




2 Armadillo Merino

一昨日、カートの更新をさせて頂いたArmadillo Merinoですが、

多くのご注文を頂きました、ありがとうございましたmm








早くも品切れの製品が出てきており、その他も、1〜8枚の在庫です。

オールシーズンに対応した高性能製品です。是非一度お試しください( ^ ^ )


armadillo merinoのページは こちら から


以上、宜しくお願い致します( ^ ^ )



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453
  


Posted by 田村 忠嗣  at 13:48Comments(0)オリジナル製品ブログその他

2018年06月10日

新入荷等 まとめて更新いたします

田村装備開発です。


本日のトレーニングは、悪天候のためキャンセルが多かったのですが、

そんな中、訓練に来てくださる方々が数名おりましたので、

かなり雨が降っておりましたが、訓練を開催しました( ^ ^ )


受講者が少なかったので、長田と瀧澤がほぼマンツーマンで実施させて頂きました。

「内容が濃く、逆においしかったです!」

と評価してくださり安心しました。


受講下さいました皆様、悪天候の中ご参加くださり、本当にありがとうございましたmm



では、本日は4点ご連絡致します。




1 昨日UCR-R等をご注文下さいました皆様へ


数多くのご注文、本当にありがとうございますmm


アクセスの集中により、一時的にサーバーが落ちてしまい、

ご不便をお掛けしましたこと、お詫び申し上げます。


快適にご利用頂けるよう、近日中にサーバーを移行し強化することにしました。


今回、ご注文頂きました方の中に、自動返信メールが届いていない方が数名いらっしゃいました。

サーバーの負荷が大きく、正常に作動しなかった可能性がございます。

もし、自動返信メールが届いていない方がおりましたら、

メール又はお電話にてお知らせください。


お手数をおかけし、本当に申し訳ございません。

宜しくお願い致します。






2 UCR-R Gen,2 BK & UCR用5マガジンインサート







前回の倍以上の製造でしたので、直ぐに売り切れることは無いと思っていたのですが、

既にかなりのご予約を頂きました。

予約期間中の品切れが予想されますので、お求めの方はお早めにご予約下さい。

次回ロットにつきましては、現在のところ未定です。


ご予約は こちら から


UCR-R Gen.2 BK の詳細は ↓ をご覧くださいmm

2018/06/08
UCR-R GEN.2 & 新製品 & 出張訓練 & 訓練記事














3 フランスに行っている友人から


仲の良い友人Aさんが、ある用事でフランスに行っております( ^ ^ )


先ほど、

「 TTGDギア イン パリ 」

と一言あり、数枚の写真を送ってくれました。


そして、ブログでの使用も承諾してくれたので、貼り付けます(^ ^)







Aさんは、

・アルマジロメリノ

・UF-Pro

・TTGDリガーベルト

・TTGDコインポーチ


を着用していました。


全て田村装備開発で扱っている製品です。

ありがたいことですmm



そして、昨日教えて頂いたのですが、

フランスのホテルでの洗濯料金、

パンツ1枚 約650円・・・とのことで、

かなりヤバイですね・・・・



ということで、Aさんは、

「意地でも出したくないので、アルマジロメリノ日干しして、銅イオン含んだクリンプさんに仕事させてます!」

とのことでした(笑)





armadillo merino(アルマジロ メリノ)は英国SASやNASA等で採用されるなど、総合性能がずば抜けて高い製品で、私も毎日着用しています。








女性用も入荷いたしました( ^ ^ )/


消臭効果が抜群に高く、身体の機能を最大限発揮できる製品です。長時間の着用にも適しているので、女性自衛官に特にオススメ致します。


弊社の扱っている製品の中で抜群のリピーター率を誇る製品ですので、是非一度お試しください(^ ^)

きっとお気に入り頂けると思います!


armadillo merino のページは こちら から


※ 田村装備開発は、armadillo merinoの正規販売代理点です





4 全国出張訓練

本日も長田が、

「もしもし、わたくし田村装備開発の長田と申します。フィールドレンタルの件で・・・」

と調整をしてくれています。


開催地、場所等が更新されていますので、ご確認頂けましたら幸いです。


■ 開催日・場所

※ 「決定」以外は予定ですので変更の可能性がございます。


・8月19日 決定
「TACTICS FIELD」 福岡県福岡市東区多の津4丁目5−12 LIZビル3F 


・9月29日 決定 
日中「有明ベース」 北海道札幌市清田区有明
夜間「UPPER'S」 北海道札幌市南区定山渓温泉西1丁目1


・10月13日 決定
「インドアフィールド Arum」 広島県広島市安佐北区小河原町204−7

    
・10月27日 決定
「Airsoft game park libra」 茨城県龍ヶ崎市馴馬町754 


・11月17日 決定
「ラグナロク サバイバルゲームフィールド」香川県善通寺市生野町2884ー6

※ 熊本の予定でしたが、香川に変更になりました。

・12月1日  大阪(調整中)SSJに合わせて行う予定です。

・1月19日  長崎(調整中)

・2月23日  京都(調整中)

・3月23日  名古屋(調整中)

・4月13日  富士(調整中)

・5月18日  茨城(調整中)

・6月22日  仙台(調整中)

・7月20日  新潟(調整中)


※ 全ての開催地が決まりましたら、受付を開始させて頂く予定です。
  もしオススメのフィールドを知っている方がおりましたら教えてください(^ ^)


開催地により、訓練内容を変えることにしました。

詳細が決まりましたら、改めてご連絡いたしますmm



以上、宜しくお願い致します( ^ ^ )/




田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 18:26Comments(0)オリジナル製品装備品トレーニング

2018年06月09日

予約受付を開始いたします

田村装備開発です。


※18時45分 追記致します※
予約受付に伴い、弊社HPへのアクセス集中しすぎており、一時的にサーバーが停止しております。
ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
※追記終わり※



まもなく、18時30分より、

UCR-R Gen.2 と UCR用5マガジンインサート

の予約受付を開始させて頂きます( ^ ^ )/



一点、修正させて頂きます。

両製品の発売日につきまして、昨日のブログでは6月25日とお知らせしたのですが誤りがございました。

6月26日が発売日となります。(昨日のブログの発売日は直ちに訂正させて頂きます)

ご迷惑をおかけしますが、ご容赦ください。



UCR-R Gen.2



弊社の製品の中でも特に再販のご要望が多かった、大人気製品です。



機動力を最大限に発揮されたい方に特にオススメ致します。

開発中のオプションにつきましても、完成次第ご連絡致します。

(着用例1)


UCRの特性は、フィット感に優れ、肩の部分をできる限りシンプル化したことにより、小銃等の肩付が非常に良好です。

(着用例2)


現在品切れ中のSUP&SUPW(ポーチ)との相性が抜群です。

SUP・SUPWにつきましては現在生産中です。完成まで今しばらくお待ち下さい。




UCR用5マガジンインサート



UCR及びUCR-Rに標準装備されている3マガジンインサートと入れ替えることにより、

MP5・MP7、ダブルカラムマガジン、フラッシュライト、ハンドカフ等を収納できます。

(収納例)


(UCR-Rへの装着例)





■価格

・UCR-R Gen.2 BK
 26,850(税込)

・UCR-R Gen.2 BK & UCR用5マガジンインサートセット
 28,800(税込)

・UCR用5マガジンインサート単品
 2,500(税込)



ご予約は こちら から (本日18時30分にカートが設置されます)

※ 現在、コンビニ・クレジット決済がご利用頂けません。
  大変ご不便をおかけしますが、お支払い方法は、代金引換か銀行振込からお選びください)



以上、宜しくお願い致します( ^ ^ )/



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 18:01Comments(0)オリジナル製品装備品

2018年06月08日

UCR-R GEN.2 & 新製品 & 出張訓練 & 訓練記事

田村装備開発です。

昨日販売を開始させて頂きました、

TTGDリガーベルト

Mサイズは昨日の時点で完売しました。


本当にありがとうございますmm


Lサイズも残り2本です。

大量に作ったのですが、今回も直ぐに在庫が無くなってしまいました。


ご購入できなかった方、申し訳ございませんmm

次回はもっと沢山作ります!



今回は3点ご連絡致します。



1 UCR-R GEN.2 BK

弊社の製品の中でも、特に再販のご要望が多かった、

UCR-R (UNLIMITED COMPACT RIG-Regular) BK

が、GEN.2となり再入荷いたします( ^ ^ )/



構造・生地の変更はありませんが、モール部分のゆとりを若干増やし、縫製方法を変えました。




そして、UCR用(もちろんUCR-Rにも使用できます)のオプション、

新製品 UCR用 5マガジンインサート

も入荷日が確定しました( ^ ^ )/

MP5やMP7のマガジン等に対応しております。



装着例 (ダブルカラム2本、ハンドカフ1本、MP7マガジン2本)



両製品とも、明日18時30分より予約受付を開始させて頂きます。



■ 発売日(発送手続を行う日です)
  6月26日


■ 予約受付開始日
  6月9日18時30分(開始時間になりますとカートがUPされます)


■ 価格
 ・UCR-R BK 26,850(税込)
 ・UCR用 5マガジンインサート 2,500(税込)


■ お支払い方法
 ・代金引換 (発売日に発送手続を行います)
 ・銀行振込 (ご入金確認後の発送手続となります)
 


ご予約は こちら から(受付開始時間になりますとカートがUPされます)


UCRの詳細つきましては↓の記事をご覧ください。Gen.2と縫製等異なりますが、全体の機能は同じものです、

(左から、UCR-R・UCR-R・UCR)



















2 全国出張訓練

本日朝から、

長田 「もしもし、わたくし田村装備開発の長田と申します。フィールドレンタルの件で〜」

と、

ずっと、電話しております( ^ ^ )/

さっそく、弊社で訓練を実施しやすそうなフィールドにご相談し、出張訓練に向けて動いております。



現在各県のフィールドと調整中ですが、

日にちと一部のフィールドが決定しましたので、下記の通りご連絡いたします。


■ 開催日・場所

・8月19日 決定「TACTICS FIELD」 福岡県福岡市東区多の津4丁目5−12 LIZビル3F 

・9月29日 札幌(調整中)

・10月13日 決定「インドアフィールド Arum」 広島県広島市安佐北区小河原町204−7
    
・10月27日 決定「Airsoft game park libra」 茨城県龍ヶ崎市馴馬町754 

・11月17日 熊本(調整中)

・12月1日  大阪(調整中)

・1月19日  長崎(調整中)

・2月23日  京都(調整中)

・3月23日  名古屋(調整中)

・4月13日  富士(調整中)

・5月18日  茨城(調整中)

・6月22日  仙台(調整中)

・7月20日  新潟(調整中)

※ 全ての開催地が決まりましたら、受付を開始させて頂く予定です。
  もしオススメのフィールドを知っている方がおりましたら教えてください(^ ^)


■ 訓練内容 (現在のところ、全ての場所で同じ訓練を実施予定です)

・日中訓練 
 CQB戦技・CQC基礎・戦術基礎座学
 
・夜間訓練  
 夜間戦術戦技(ロウライト戦技を含む)

を行う予定です。

講師は複数で実施しますので、初心者の方から現役の自衛官・警察官の方までご参加ください。

各人のレベルに応じた訓練を実施させて頂きます。


■ 価格
現在調整中ですが、弊社の特別訓練と同じくらいを予定しています。
※ フィールド代は別途頂戴致します。


■ 開催人数
開催日一ヶ月前までに20名に満たない場合は中止させて頂く予定です。



遠方の方でTTCにお越しになるのが難しい方、是非ご参加ご検討下さい^ ^

詳細きまりましたら、改めてご連絡させて頂きます!





3 ミリタリーブログ様のレポート



先日大阪で開催しました出張訓練の内容を、ミリタリーブログ様が記事にして下さいました^ ^

訓練内容は、

「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」

です。

レポートは こちら から


TTCの訓練にご興味のある方、是非ご覧ください( ^ ^ )/



以上、宜しくお願い致します!

  


Posted by 田村 忠嗣  at 19:45Comments(0)オリジナル製品装備品トレーニング

2018年06月07日

再販 & 全国出張訓練

田村装備開発です。

本日は、TTGDダンプポーチの発売日です。


ご注文頂きました皆様、

ありがとうございましたmm


本日発送させて頂きますので、到着まで今しばらくお待ち下さい。



今回は、2点ご連絡致します。


1 TTGDリガーベルト

昨日ご連絡させて頂きました通り、

本日18時より、TTGDリガーベルトの販売を開始させて頂きます。




大変人気の高い製品で、前回も即完売したベルトです。




薄手のベルトなので、日用使いにも適しております。



発送準備は整っておりますので、予約製品ではございません。

最短で、明日の発送手続き、明後日の到着(遠方の場合は日数がかかる場合がございます)です。


ご注文は こちら から(本日18時にカートがUPされます)

宜しくお願い致します。

※ 現在、クレジットカード決済、コンビニ決済が行えません。
  大変ご迷惑をお掛けしますが、お支払い方法は、代金引換か銀行振込をお選び下さい。





2 全国出張訓練



弊社の訓練部門であるTTC(Tamura Training Center)には、

日本全国から数多くの方がお越しくださり、有り難いことに受講生は年々増えております。


その際、遠方の方からよくあるご要望が、出張訓練の開催です。


今までは人手が足らず、出張訓練を年数回しか開催できなかったのですが、

本年8月に、元自衛官の社員が1名入社致します。


インストラクターが増えることもあり、

今年から全国を回っての訓練を計画しております。


まだ確定はしていないのですが、

本年8月に、広島か福岡でCQB & ロウライト講習を行う予定です。







また、9月以降、

札幌・仙台・新潟・千葉・富士・京都・大阪・名古屋・広島・福岡・熊本・沖縄

等でも開催させて頂くかもしれません。


正式に確定しましたら、改めてご連絡致します。



以上、宜しくお願い致します( ^ ^ )



※大変申し訳ございません※
現在、クレジット・コンビニ決済が使用できません。詳しくは↓をご覧ください。
















田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 15:36Comments(0)オリジナル製品装備品トレーニング

2018年06月06日

TTGDリガーベルト再販いたします

田村装備開発です。


長らく欠品が続いておりました、

TTGD リガーベルト

再入荷致しました( ^ ^ )/


先日行われたSSJで先行販売させて頂きましたが、

ネット販売用の準備も整いました。


明日18時より販売を開始させて頂きます。


ご購入は こちら から(6月7日18時にカートがUPされます)






製品説明


弊社オリジナルのリガーベルトです。

タイラップが2本収納できる構造のため、

薄くしなやかでありながら、充分な弾性をもっております。




メイン素材には、

MIL-W-27265という、

・滑走路のオーバーランバリア

・セイフティシートベルトなど

に使用されるテープにレジントリートメント加工を施したものを採用しており、

高い強度と耐摩耗性を有しています。





バックルには弊社のスチール製コンバットバックルを使用しており、

その耐荷重は20KNと非常に高いスペックです。

この2つの素材を使用することにより、

本製品は薄くて軽量ながら緊急時の降下を可能とする強度を有しています。





ベルト幅は1.75インチとなっておりベルトループが対応していればパンツベルトとしても使用できます。





ベルト裏面には滑り止め合皮が全周に施されておりベルトの横滑りを防止します。





正面のエマージェンシーカラビナループの横には

2本のタイラップがインサートできる収納ポケットが付いており、

必要時にタイラップを即座に引き出す事が可能です。(標準で2本収納されております)





片面には1インチモールウェビングが配置されており必要に応じてモール対応のポーチを取り付ける事ができます。


またインサートされるタイラップが本製品の形をしっかりと保持する為、

重量などによる型崩れが起こりずらくデューティーベルトとしても問題なく使用できます。


サイズラインナップは2サイズよりお選び頂けます。


Mサイズ 74㎝~87㎝

Lサイズ 88㎝~101㎝



ご購入は こちら から(6月7日18時にカートがUPされます)


宜しくお願い致します( ^ ^ )/



※大変申し訳ございません※
現在、クレジット・コンビニ決済が使用できません。詳しくは↓をご覧ください。
















田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 19:44Comments(0)オリジナル製品

2018年06月05日

ご迷惑をおかけします

田村装備開発です。


6月2〜3日のショットショージャパンで弊社ブースにお立ち寄り下さいました皆様、

出張訓練にご参加下さいました皆様、


本当に有難うございましたmm


大阪の方々は本当に気さくに話しかけて下さり、とても充実した時間を過ごせました( ^ ^ )/

次回、出店できるか分からないのですが、

できる限り予定を組み込めるよう努力致します!

その際は、何卒宜しくお願い致しますmm




今回は2点ご連絡いたします




1 ご迷惑をおかけします

田村装備開発のネットショップでは、

代金引換・銀行振込・コンビニ決済・クレジット決済

の4つからお支払い方法を選択して頂くのですが、

クレジット&コンビニ決済のセキュリティーシステム更新につき、

現在ご利用頂けない状況です。



大変ご迷惑をおかけしますが、復旧までの間、

お支払い方法は、

代金引換・銀行振込(クレジット&コンビニ決済を選択するとエラーが出ます)

からご選択下さい。


更新には約1ヶ月程度かかる見込みです。


大変恐縮ですが、何卒宜しくお願い致します。




2 大人気製品 Gen.2になって再入荷

弊社の大人気製品、

UCR-R BK

Gen.2が今月中に完成します。


お値段・全体の構造は変わらず、縫製が強化されたモデルです。


(こちらは現在のUCR-Rです)




(開発中のオプション:プレート収納システム他)



用途に合わせて様々な組み合わせが可能なチェストリグです。



発売日が決まりましたら、Gen.2の写真と一緒にご連絡いたします。


宜しくお願い致します( ^ ^ )/



田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 12:10Comments(4)オリジナル製品ブログその他

2018年05月31日

自衛官 及び 予備自衛官等にご興味のある方へ



田村装備開発です。


今回は、

・自衛官

・予備自衛官補

・予備自衛官

・即応予備自衛官


の説明会についてご連絡いたします。






本説明会につきましては、

説明:自衛隊 埼玉地方協力本部

会場:田村装備開発本社

という形で実施致します。






自衛官の仕事に興味のある方、予備自衛官等をご検討されている方、是非この機会にご参加ください。






開催日はまだ確定していないのですが、予定日・内容は下記の通りです。


・開催予定日 (変更の可能性がございます)

 説明会 8月4日(土) 10時〜12時

 講習  8月4日(土) 13時〜14時

※講習は説明会にお越し頂いた方のみご参加頂けます。



・集合予定時間 (変更の可能性がございます)

 8月4日(土) 9時30分〜10時
予定日ですので変更の可能性がございます。
 受付開始の際に正確な日時を記載しますのでご注意ください。


・お申し込み受付開始日
 調整中 (確定しましたらブログ等でご連絡致します)



•集合場所
 〒355−0008 埼玉県東松山市大谷4453
 田村装備開発 本社1階



•説明会の参加対象者
※ 志望となっておりますが、ご興味さえあればご参加頂けます。

・自衛官 志望
 18歳以上〜27歳未満

・予備自衛官補 志望
 18歳以上〜34歳未満

・予備自衛官、即応予備自衛官 志望
 元自衛官 及び自衛官を退職予定の方



•持物
必要な方はメモ帳・筆記用具をお持ち下さい


•お申し込み方法
弊社の製品HPからお申し込み頂きます。
「講習あり」「講習なし」がありますので、どちらかお選びください。

※製品カートからのお申し込みですので、システム上の関係で送料・手数料等が加算されますが、費用は発生しませんのでご安心ください。



・講習につきまして

説明会にお越しくださいました方を対象に、ご希望の方へは田村装備開発が下記講習を行います。

「89式小銃を使用した講習」
※実銃ではございません。訓練用のラバーガン等を使用します。





本講習の講師は、弊社職員の

元陸上自衛隊 特殊作戦群 第1期生 長田 賢治

が担当致します。


体力等は必要ございません。健康な方であれば何方でも受講頂けます。


なお、本講習につきましては、

国防を志す方を応援させていただくものですので無料で実施いたします。



以上となりますが、

一切堅苦しい雰囲気はありません。

お茶をご用意しますので、リラックスしながらお聞き下さい。






自衛隊への入隊や、予備自衛官等を少しでもご検討されている方、

是非ご参加ご検討ください。


開催日および受付開始日が確定しましたら、改めましてブログにてご報告致します。


以上、よろしくお願い致します。




田村装備開発 訓練PV



訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp


サバイバルゲーム担当 瀧澤ブログ
http://takkiy.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453  


Posted by 田村 忠嗣  at 15:50Comments(0)ブログその他トレーニング