2009年11月21日

護身



田村装備開発です!

先日、

お客様  「田村さんは刃物で襲われた場合、どのように対処しますか?」

タムヤン 「逃げます!」

お客様  「私の場合、職務上逃げる事が出来ません。その場合どうすればよろしいですか?」

タムヤン 「恐れず、前に出ることが重要だと思います。何故なら・・・・・・」


というお話をしました。

逃げるのが一番ですが、逃げられない場合や職務上必要があれば戦うしかありません。


以前、刃物の対処について少し書きましたが、

今回は、『前に出ることの重要性』について書いてみます。


合気道で有名な塩田剛三先生は、

『後ろに下がると当たっちゃいます。前に出ると当たらないんですね~』

と言われていました。

初めて聞くと意味がわかりません。

武術の達人というのは、あまり細かく説明しません。

なので誤解を受けやすいのが現状ですが、とても深いことを説明しているのです。


まず最初に、格闘技と護身術の違いについて、

1 格闘技(キックボクシング等)

一番の特徴は試合形式のため反則がある事です。

危険性を抑えるために、急所への攻撃は禁止されており、多くの場合は手数を必要とします。

その為、一発受けたからと言って即死するような事はあまりありません。

よって、お互いの攻撃が届く間合いをとりやすい傾向があります。


2 護身術

特徴は、実戦を想定しているため反則がありません。

目・喉・金的・後頭部等を攻撃する事も、攻撃される事も想定して稽古します。

その為、実戦においては一撃を受ける事が致命傷となる虞があります。

よって、お互いの攻撃が即届く間合いはあまりとりません


格闘技と護身術の良し悪し、強弱を測る事は出来ませんが、根本的に進むべき道が違います。


話を戻しますが、相手が刃物を持っている場合、手を伸ばしただけで攻撃が当る間合いは危険です。

つまり、格闘技の間合いはあまり適していません。

運動神経、反射神経が良い方は問題無いかと思いますが、私の場合はとりあえず間合いをとります。

そして、自分から相手の間合いに入ります。

すると、ほとんどの場合は、相手の間合いに入った瞬間に攻撃されます。

つまり、相手の攻撃を誘発する事ができます。(他にも意味合いがあります)

来るのがわかっている攻撃なので、タイミングも取りやすく避けるのも簡単です。

そして、一撃で制圧します。

ご存知の方には当たり前すぎる理論ですが、

ご存知で無い方は、ダンボールや怪我をしない素材で模擬刃物をつくり、下記を試してみるとご理解頂けると思います。

1 間合いをとる

2 自分から入る

3 相手が攻撃をしてくるので、払う

※ 相手の刃物に目をやらず、体全体を見ることで起こりが読みやすいです。

※ 刃物を持つと人は強くなるか?
  
  強くなる人もいますが、弱くなる人もいます。
  
  本来、体全体が武器になるのに、

  刃物を持つことにより、それに頼りたくなります。(ナイフ格闘の初心者の場合)

  従って、攻撃に制限が出来るため、避けるのが容易になります。



冒頭にも書きましたが、

逃げるのが一番です。

お金を払ってでも危機を回避する事。

どうしても逃げられない時に戦しかないのだと思います。

『正当防衛』というものがありますが、

相手が攻撃してくれば、何でもして良いという訳ではありません。

こちらが受けるであろう害を上回った場合、『過剰防衛』として罰せられます。
(カツアゲされたので殴り殺した等)

護身術というのは、一生に一度あるか無いかの危機を脱するため、

若しくは、職務上必要があって学ぶものであり、

相手を倒す事が主な目的ではなく、自己若しくは大切な人を守るために修得するものです。

では!

田村装備開発webショップ











同じカテゴリー(ナイフ)の記事画像
Lotar Combat®︎ 間も無く受付開始です
新製品 明日受付を開始いたします
新訓練動画・新製品のご連絡
大阪出張訓練 & 新製品
間も無く受付を開始いたします
福袋です( ^ ^ )/
同じカテゴリー(ナイフ)の記事
 Lotar Combat®︎ 間も無く受付開始です (2018-07-04 11:52)
 新製品 明日受付を開始いたします (2018-07-03 16:07)
 新訓練動画・新製品のご連絡 (2018-06-28 19:17)
 大阪出張訓練 & 新製品 (2018-05-11 21:32)
 間も無く受付を開始いたします (2017-11-25 17:45)
 福袋です( ^ ^ )/ (2017-11-25 12:42)

Posted by 田村 忠嗣  at 22:15 │Comments(0)ナイフ

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。