2009年09月17日

姿勢



田村装備開発です!

今回は、射撃姿勢について書いてみます。

私の場合、余計な力みが射撃に影響を与えると思うので、

如何にリラックスできるかを常に考え、力みの無い姿勢を心掛けています。

そのため、どうしても無理な姿勢をしなければならない状況を除き、以下の様な姿勢をとります。

1 体を真っ直ぐにする。
  
  外見的に真っ直ぐという事ではありません。

  筋肉で体を支えるのでは無く、骨で支えられるポジションを探します。

  具体的には、足を肩幅に開き、少しだけ膝を曲げ、腰骨の位置を少しずつ調整します。

  すると、ほとんど筋力を必用としない、楽な姿勢が見つかります。


2 首を傾けない。

  銃の位置に頭を持ってくるのでは無く、頭の位置に銃をもってくる。


3 屈筋と伸筋をコントロールする。

  両方に無駄な力が入るのを、「力む」と言います。
 
  この状態は、お互いの力を相殺してしまうので、あまり良くありません。

  曲げる時は屈筋を、伸ばす時は伸筋を使うのが大切な事だと思います。

  意識してやらないと難しいので、私の場合は、ゆっくりとした動きから徐々に速くしています。


4 重心を落す

  浮き足にならないようにする。全身に無駄な力みが無い場合、重心は落ちます。

  膝を深く曲げて重心を落すという事ではありません。


立ち撃ちの場合、このような姿勢で練習を行っています。

もちろん、クリアリングでスライスを使う時等は体は曲がります。


私個人が好きでやっている姿勢なので、良いか悪いかは分りませんが、

よろしければ試してみて下さい。


前回の記事では、TAGのローキーアタッシュクライプレシジョンの予約について書いてあります。

宜しければご覧下さい。

田村装備開発webショップ







同じカテゴリー(装備品)の記事画像
今まで有難うございました!
Lotar Combat®︎ 間も無く受付開始です
新訓練動画・新製品のご連絡
新入荷等 まとめて更新いたします
予約受付を開始いたします
UCR-R GEN.2 & 新製品 & 出張訓練 & 訓練記事
同じカテゴリー(装備品)の記事
 今まで有難うございました! (2018-09-10 14:10)
 Lotar Combat®︎ 間も無く受付開始です (2018-07-04 11:52)
 新訓練動画・新製品のご連絡 (2018-06-28 19:17)
 新入荷等 まとめて更新いたします (2018-06-10 18:26)
 予約受付を開始いたします (2018-06-09 18:01)
 UCR-R GEN.2 & 新製品 & 出張訓練 & 訓練記事 (2018-06-08 19:45)

Posted by 田村 忠嗣  at 20:27 │Comments(0)装備品

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。