2009年08月10日

護身術って?




田村装備開発です!



前回、タクティカルペンの紹介をさせて頂いたので、



護身とは何ぞや!



について、自分なりに書いてみようと思います。




最強の護身術は、




逃げる事です。(市郎さんが言われてる事と同じですが、私もそう思います。)




悪人に絡まれようが、脅されようが、




逃げるのが一番だと思います。




もし逃げられない場合、




お金で解決しましょう( ̄▽+ ̄*)




しかし、相手が求めているものがお金でない場合、




最後の手段として、




戦闘という選択肢が出てきます。




日本は安全?




世界的に見れば安全ですが、緊迫不正の侵害を受ける事は珍しい事ではありません。




私は高校の頃、




ナイフで殺されかけた事があります。(実話です)




その現場は駅を出たロータリーでした。人も多くいました。




しかし、誰も助けようとはしませんでした。




誰かが警察に通報してくれたかは分りませんが、来るのを待てるような状況ではありませんでした。




逃げようにも背中を刺されるかもしれない。




戦うしかなく無我夢中で応戦したところ、どうにか相手を倒し、翌日の朝刊に載る事は避けられました。




しかし、腹を切りつけられたため半年近くその傷は残りました。




恐らく、薬物使用者だったのではないかと思います。



その後、高校には警察からの連絡はありませんでした。


私は制服を着ていたので、誰かが警察に通報してくれたのであれば、当然高校に連絡があると思うのですが、


何も無かったです。ですから、恐らく通行人は何もしてくれなかったのだと思います。


これは嘘ではなく、実際に体験した事です。



そのような事には一生遭遇しないかもしれません。しかし、遭遇するかもしれません。



その時、周りの人間が助けてくれるかというと、私の場合、誰一人として助けてはくれませんでした。



危機が迫っている時に頼りになるのは、自己、若しくは、その場にいる貴方を守ってくれる人です。




しかしながら、法律上、



「相手から受けるであろう侵害を上回る害を与えた。」



と判断されれば、



正当防衛の範囲を超え、過剰防衛として処罰される可能性があります。


つまり、相手を倒す事ができたとしても、それは諸刃の剣なのです。


自分も相応の覚悟を持たなければなりません。



ですから、



逃げるのが一番なんですね。



相手を倒す力があったとしても、まず逃げることを考える。



無理ならお金を払います。



それでも無理なら戦うしかないのだと思います。




けど、自分や、大切な人を守るためにはある程度の力が必要です。


平和な日本では一生に一度あるか無いかの話ですが、その時の為に備えは必要かな?



と思ってます( ̄▽+ ̄*)


では!

田村装備開発webショップ








同じカテゴリー(ブログ)の記事画像
初めまして!
今まで有難うございました!
まとめて更新いたします
凄いことになりました
全国出張訓練決定いたしました
戦ってきます
同じカテゴリー(ブログ)の記事
 初めまして! (2018-09-17 18:17)
 今まで有難うございました! (2018-09-10 14:10)
 まとめて更新いたします (2018-07-27 17:44)
 凄いことになりました (2018-07-21 17:58)
 全国出張訓練決定いたしました (2018-06-23 11:38)
 戦ってきます (2018-06-16 21:13)

Posted by 田村 忠嗣  at 05:24 │Comments(0)ブログ

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。