2010年02月05日

戦術

田村装備開発です。

今回は、戦術について書いてみようと思います。

先日、

「いつもブログを拝見しております。田村さんの考える実践的な戦術を教えて下さい。あと、動画を拝見しましたが、早く撃てれば良いと思っているのですか?」

という内容のメールを頂きました。

本職の方との事ですが、

匿名希望であり、返信もできなかったのでこちらで回答させて頂きます。

まず最初に、

どの様な戦術を知りたいのでしょうか?

戦術はマニュアル化できるものでは無く、

1000の現場があれば、1000通りの展開があります。

1 現場状況    (どの様な現場を想定していますか?)
2 部隊の目的   (部隊の目的は?)
3 上層部の意向  (発砲許可は下りますか?)
4 部隊の錬度   (射撃、格闘、タクティカルテクニックの錬度は?)
5 銃器・装備品の質(どの様な銃器、装備品をお持ちですか?)

をご連絡下さい。

官職、氏名、連絡先を教えていただければ、

私なりの考えをご連絡致します。

ただし、ほとんど参考にならないと思いますし、

個別の技(SUREFIREテクニックやクリアリング等)はお話できません。

その際は、申し訳ありませんが他の方にご質問される事をオススメします。


次に、

早く撃てれば良いと思っているのですか?

の回答ですが、

早く撃たなければならない状況もあります。

インスティンクト射撃が危険と思われているのかもしれませんが・・・

識別せずにアンノウンを撃つというわけではありません。


匿名希望者様への答えになるか解りませんが、

最後に、私の戦術に対する考えを書きます。

戦術には答えがありません。

動きをマニュアル化しようとする方もいらっしゃいますが、

あまり決め事を作りすぎると、それが足枷になるという結論に達しました。

1番員が右から入って、2番員が左から入って・・・・・

と、

突入前に1~10まで決めて臨んだとしても、あまりに不確定要素が多すぎて

当初の目的通りになる事はまずありません。(ターゲットが約束動作の訓練は別)

私の経験上、

自由攻防における勝負では、最初に立てた戦術通りに進んだ事は殆んどありません。

その為、型にはまった訓練ばかりをしていると、

想定に無い状況でフリーズしたり、考えられない行動をとります。

ですから型にはまりすぎず、

クロスで見たほうが効果的だったとしても、

1番員が直線をロックしているならそれをカバーする。

というように、

各隊員が、現場の状況・仲間の動きに合わせて個別の技を使い分け、

お互いの背中を守る事を第一と考えるべきだと思っています。

田村装備開発のロゴマークは4人の隊員が全方向の危険箇所をロックしているイメージです。



仲間との連携をとることが最も重要という意味合いです。


※ アークテリクス(LEAF)ハーネスの販売ですが、更新が遅れております。
  もう少々お待ち下さい。



田村装備開発webショップ







同じカテゴリー(その他)の記事画像
申し訳御座いませんmm
ローライトテクニック1 & 64・89式小銃用LASの使用例 
盆休み頂きますmm
サバ天に新製品持っていきます( ^ ^ )/
間も無く予約受付開始です^ ^
新製品 & TV出演
同じカテゴリー(その他)の記事
 申し訳御座いませんmm (2017-09-16 18:43)
 ローライトテクニック1 & 64・89式小銃用LASの使用例  (2017-08-27 20:54)
 盆休み頂きますmm (2017-08-13 19:07)
 サバ天に新製品持っていきます( ^ ^ )/ (2017-08-04 20:00)
 間も無く予約受付開始です^ ^ (2017-04-15 17:35)
 新製品 & TV出演 (2017-04-01 13:27)

Posted by 田村 忠嗣  at 14:11 │Comments(2)その他

この記事へのコメント
はじめまして
その本職の方より本職の答えが出てしまいましたw
私も本職ですが実戦経験の無い準軍隊ほどプロ魂が固執してしまうのかもしれないです。お恥ずかしい。
てことで最近インスティンクトの練習はじめました、いやー難しい

では、また
Posted by TK-S at 2011年01月31日 23:52
TK-Sさん

はじめまして。
コメント有難うございます。
インスティンクトは難しいですよね。
私も日々特訓しております。
Posted by タムヤンタムヤン at 2011年02月01日 13:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。